6.19

埼玉 紫陽花 名称、で検索したら自宅から車で40分もしない所に名称を見付けたので、ひとりで行って来ました。

平日でもわりと人がいて、紫陽花もたくさんあった(*゚∀゚*)
お寺だから年配の人が多かったので、静かな場所でのんびり紫陽花見て回れました。

年配者の中に私みたいなのがひとり混ざってる事の違和感たるや(笑)


紫陽花と言っても色々な種類があるんですね。
写真撮影大丈夫との事でしたのでたくさん撮らせて頂きました。
それらも追々載せていきたいと思います。

しかしせっかく綺麗に撮れたのに、ここに載せるとなると350KBまで画質を落とさなければならないので、何だか勿体ない。
実物はね、本当に綺麗だったんですよ。


家出る時にカーナビの台座壊したけど、無事着いて良かった。
また来年も来よう。

6.18

仕事の合間にコピー用紙を買いに行き、コピー用紙の束をふたつ持ち上げようとしたら、近くにいた男性店員さんが代わりに持ってレジまで運んでくれました。

仕事を終え地元に戻ってきて、帰宅前にコンビニで買い物して店を出ようとしたら、自分の前を歩いていたサラリーマンの方がドアを開けて待っていてくれました。


男性のこういう気遣いにめっぽう弱い私です(*゚∀゚*)


次に出る人の為にドア開けて待ってるくらい、私だって毎日の様に職場でやってるけども(笑)


生憎そういう気の遣い方が出来る男性と関わって来なかったので、些細な気遣いが出来る男性を見るとちょっと尊敬してしまいます。
多分普通に出来る人は出来るんだろうけど。


先に男性と書きましたが、些細な事に気が回る人は男女問わず好感持てますよね(’-’*)

そんな事を思った、今日の出来事でした。

SID 15th ANNIVERSARY LIVE HOUSE TOUR 2018

SID 15th ANNIVERSARY LIVE HOUSE TOUR 2018 Zepp Tokyo〜暴れ曲限定LIVE〜

2018.6.16(SAT) Zepp Tokyo

-SAT LIST-

dummy
隣人
ENAMEL
XYZ
Re:Dreamer
MUSIC
capsule
必要悪
バタフライエフェクト
VOICE(新曲)
Dear Tokyo
one way
プロポーズ
眩暈

-ENCORE-
赤紙シャッフォー
敬礼ボウイ
park

-W ENCORE-
吉開 学 17歳(無職)

(※parkの後に一度ステージからメンバーが捌けてアンコールの声が上がったので、ダブルアンコールという記載にしてます※)

-告知-
・LIVE DVD/Blu-ray
SID TOUR 2017 NOMAD (東京国際フォーラム公演)
7月25日発売
・MINI ALBUM『いちばん好きな場所』
8月22日発売
・SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR
『いちばん好きな場所 2018』
全31公演

-追記-
メンバーMC&感想
続きを読む

6.16

今日はシドさんLIVE、SID 15th ANNIVERSARY LIVE HOUSE TOUR 2018 Zepp Tokyo〜暴れ曲限定LIVE〜 です。

連日アルバムの話を書いてましたが、気持ちを切り替えて今日はシドさんに浸ろうと思います。



しかし聴かせ曲の多いシドで暴れ曲限定とは一体…?

先に関西と九州の箱で暴れ曲限定やってるけど、行ってないLIVEのセットリスト見ないので、どんな構成で組んでるのか楽しみにしてます。

ちゃんと普段のLIVEと同じくらいの間が持つのかという要らない心配(笑)



それではZepp Tokyo、よろしくどうぞー。

6.15

the GazettEサンが出演するROCK IN JAPANのチケットが取れたと今日通知が送られてきたので、仕事帰りに振り込んできました。


気になるアーティストさんがいると後ろで見させて頂いたりするけど、今回はthe GazettEサンだけ見て帰る感じになるかと思います。
しかし彼等のステージを見届けるのが目的なので、それでも良いのです。

氣志團万博の方はまだ検討中。
この夏はツアーも回る予定だからフェスふたつ行けるか分からないので。
諸々差し支える事がなければ良い方に検討したいと思ってます。



アルバム発売からまだ2日しか経ってないなんて思えないほど、アルバムの世界にどっぷり浸っています。
the GazettEサンにしては今回のアルバムは収録曲ひとつひとつがそこまで長いアルバムじゃない気がするので、意外と回数聴きやすいのかも。
(と言っても1曲あたり4分近くはあります。)


曲の感想もたくさんあるので、またちょこちょこ小出しにして書いていくと思います。
書き出したら止まらないので、追々(笑)

たくさん聴いて自分の中で昇華させていくのも、ファンとしての楽しみでもあります(*^^*)
前の記事へ 次の記事へ