わたしと むすめの関係について小説を書きたい

とめどなく、書けるような気がしている


次の小説のテーマは、親子の愛憎だ


最後はハッピーエンド


よい材料もふんだんに、書き込む


よし、頑張ろう


テーマが絞れた




澄み切った 青空

今が、冬の季節で一番、美しい

真冬のはじまり

澄み切った青空に

暖かい防寒具

顔だけが、冷気を 感じている


冷たく透き通った光りと

冷気

冬はつとめて

と清少納言は言ったが


真冬のはじまりは 素晴らしい



むすめの 涙

むすめが、きいちゃんの前で泣いたのは、きいちゃんが生まれてから、ただの二回

それも、いろいろな事情から、壮絶だった妊娠中を思い出してのこと

私も闘病中で、配慮が足りなかった

あの頃は、家族皆、必死に生きていた

だから、むすめはわがままでもなく、泣き虫でもない

誰より、子供にとって、親の涙はストレスであることを知っている



今夜は退職祝い

転職した先は、地獄だった

早々と見切りをつけた

社長が酷い

幸い、元の会社で受け入れてくれたので

安心した

天国と、地獄だった

今後はダブルワークを探す

皆さん、ありがとう(*^_^*)



寒い 朝

この頃、私は冬が好きになる

すきっと寒くて、空気がおいしい

最高に、愛しい 冬が



前の記事へ 次の記事へ