■華桜戦記/アルバムA■

※感謝※hit※
■華桜戦記/アルバムA■

■終わり■

話題:突発的文章・物語・詩
■「おはようございます笹目さま・・・!」

「笹目・・・和美っ・・・!!」
通学途中。笹目の前にいつもの風景といわんばかりの二人の姿が飛び込んできた。

「おはようございます。メイちゃん。鳳太くん」

と笹目は笑顔を向けるとカバンから菓子袋取り出して二人に渡す。

「有難うございます笹目さま。これは私からの気持ちです・・・・・・」

そう言ってメイはむぎゅりと笹目に抱きつくと手に持っていた自分の菓子を彼女のカバンに忍ばせた。


「有難う。メイちゃん・・・・・///」
ソレが何だか愛らしくて笹目は少し赤くなる。


「笹目さま・・・・?」

メイが不思議そうに顔を上げると「あ。」と言う聞きなれた声が聞こえて来た。

「部長・・・!!!ましろさん・・!!!」

最初に反応したのは笹目であった。

「あ、笹目ちゃん!おっはよー・・・・!!!」
と近づいてきたましろがメイの姿を発見する。



「!・・猫忍さん・・・!!!!今日はバレンタインだよ!先日の約束。覚えてるよね!!」
と近づくましろをよそにメイはカバンから菓子袋を取り出すと隣に居た雉鷹の前へと歩いていく。


「決めました。私・・・・・・・・・今後から本格的に貴方を狙おうと思います」
そして雉鷹の手にその袋を置いた。

「・・・・・そうか・・・・」
ぐぃっと少々自分より背の低いそれから上目遣いをされて困った雉鷹は目を伏せた。

「・・・え・・!?メイちゃん!??」
驚いたのは笹目である。実はこの事実を彼女は本日初めて知ったのである。

「ね・・・・猫忍さん・・・・?」

ましろが少々元気なさ気にそう返すと。
「貴方とはライバル関係になりますね。」

とそう返すと
「これは宣戦布告です」


と。ましろにも菓子袋を渡した。

が・・・

「ナニコレ・・・猫忍さん・・・袋の真ん中から導火線のようなものが出てるよ・・・・」

ポカンと少々涙目になりつつあるましろに

「開けると爆発します。」
ポーカーフェイスのメイが言った。

と。そこに。メイの頭をくしゃりとなでて雉鷹が発言する。

「・・・・・・ましろは中々手ごわいぞ・・・・」

にやりと黒い笑みを浮かべるソレは半狂乱だった壊れた心の上に高い壁を作っていた。


「・・・・・元に・・・・戻られたようですね。」
何だか元気を取り戻したようなそれに少し安堵を覚えたのかメイが恥ずかしそうに目をそらす。
だが頭に乗せられたその手は除けようとはしない。
「あぁ・・・・・・俺の”悪友”は手ごわいからな・・・・・・」

そう言ってポンポンと二回頭を小突いた後雉鷹は先の道へと歩いてく。


「”悪友ですか・・・”」

それはそれで・・・”萌えるんですよね・・・・・”


心のソコにある乙女心とも恋愛感情とも違うそれにまた火がつきそうだったメイをよそに笹目はずっと困惑してした「え!?メイちゃん・・・メイちゃん・・・!???」


次は笹目のライバルとして。雉鷹が現れるかもしれない。
「・・・・・・・」鳳太はなんとなく自分の居場所の無さに疎外感を感じながらそれをじっと見ているのであった。



■END■
---
■メイが大好きな笹目にとって雉鷹がライバルになり雉鷹が好きなメイにとってはましろがライバルになり・・・・ましろのライバルは雉鷹だけれども何故かそんな関係になり鳳ちゃんがあぶれるっていう・・・・・・・・・・・そんな感じのあっさりしたバレンタインになりました。

この後”夜の部””昼の部”とかも時間があれば(とりあえず晩御飯に呼ばれたので消えます・・・・苦笑汗汗汗^^;

■雉鷹編。■

話題:突発的文章・物語・詩
■「ん・・・・・」
佐伯雉鷹が家を出るとまずポストにはみ出る量のチョコが見えた。
そして・・・

「佐伯先輩・・!おはようございます///!!!」
と出待ちの他校の生徒思われる多分年下の少女が立っていた。

学生服を着たその生徒はこれから学校に通うところなのか学生カバンを身につけている。
どこかで見たことのある制服だ・・・・もしかすると笹目の”知り合い”の居るあの高校かもしれない。

「初めまして・・・!佐伯先輩・・!私。あの去年の”人魚姫”の舞台を見て先輩に一目惚れ・・・・・」
そう言って自己紹介を始める少女を軽く無視して雉鷹はポストに入ったチョコをなんとか取り出そうとしてみる。

その奥に新聞が詰まっているのは明白だ。・・・・・・彼はまずそれを読みに出てきたのだ。
「あ・・・あの・・・・佐伯先輩・・・・?」

そう言って自分を通り過ぎて後ろのポストに行ってしまった彼のほうへと振り返る少女。

「悪いが・・・・朝の時間は大切にしたいんだ・・・・・・。人とのかかわりは朝の礼拝堂で祈りを捧げてからと決めている・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・とりあえず今日はこのままお引取り願えないだろうか・・・・・・・・」

半分は嘘である。朝の誰も居ない礼拝堂に行くのは最近の彼の日課になっているがその前にましろが迎えに家にやってくる。


しかし今日はタイミング悪くそれがいつもより早かった・・・。

「ぐんもーにんぐ!きじたっちゃん!!!!!!!恋のライバルましろちゃんのご登場だよ★」

と笑顔でソレがやってきたのだ。

「え・・・!??え・・!???」
いきなりの彼の登場にうろたえる女子生徒。


「・・・・・・・悪いが帰ってくれ・・・・・・・」
あまりのタイミングの悪さにましろに呟いたはずのソレが少女の耳に走った。


「す・・・・すみませんんん///!!!」
彼女は自分がソレをいわれたのだと思って半ば涙目になり謝りながら消えていった
そして。

「出待ちのほかの女子達からチョコ回収してきたんだけれども・・・たっちゃんこれ居る?」
と毎年の事なのかけろりとして紙袋を彼に見せるように上げるましろに雉鷹はため息をつく。
「・・・・・・・・・ましろ。お前が貰ってくれ・・・・」

なんだか面倒臭くなってきた・・・・・・そんなようすでげんなりという雉鷹にましろがポストのソレも回収して袋につめる。


「じゃぁこれたっちゃんの親父さんにあずけてくるよ・・・!ついでに朝ごはんもご馳走になっていこうかな★」

ちなみにましろは自宅で朝食は済ませてあった。だが・・・・
「・・・・・・・・・・分かった。とりあえず用意する。」
なんだかぐだぐだになりながらも困った展開から回避されたので彼はお礼程度に朝食を用意することにしたのだ。


「ありがとー・・たっちゃん!これで早弁せずにお昼が迎えられるよ・・・!」などと冗談で言う彼に。
「お前も貰うものがあるだろう・・・・・・」
とため息を返した。


・・・・・・なんだかんだでましろも結構もらうほうである。
と言っても彼の場合はほぼ友チョコ・・・・お返し狙いの女子達からであるが。

それでもましろは性格上お返しが割りにいいと評判である。
なので小学校からの付き合いの女子達も多い。


と、ここで雉鷹は何かを思い出したように振り返った。

「恋のライバル・・・・・・?」
急に先ほどのましろのその言葉が気になったのである。


「あぁ・・・・・・」

それにましろは平然と答えた。

”俺は本気で猫忍さんを狙ってるからね・・・・・・”


と。


「・・・そ・・・そうか・・・・・・。」
これは何かの宣戦布告なのだろうか・・・・・・自分はまだ誰かと付き合う気は今はない・・・・・・・・
その前は笹目・・・そして先日までは---なんだかんだで恋多きその青年はため息を吐きながら
「お前は俺の”恋人”じゃなかったのか・・・・・・」と冗談交じりに言ってみた。


本当は”親友”である。だがましろのほうが恋人のように振舞う方が多かったのだ。

「たっちゃん・・・・・・///」
その言葉に何故か顔を赤らめる八代真司郎。

「たっちゃん俺嬉しいよ・・・・///たっちゃんから・・・・///!!」

がばりと抱きつきそうになるそれを回避して雉鷹はまたため息をつく。


「・・・・・・お前には”俺”がいるだろう・・・・・」

他に目を向けたりするな・・・・・・・・・・。



それは”奥底”から出た本心だろうか。


俺には”ましろ”お前しかいないんだーーー・・・・


■NEXT■

---
■いつもの事ながら本気で行き当たりばったりで書いてますとりあえずどうなるんだろうバレンタイン・・・・・・・・・・・そんな事を思いながらもそもそ書いてましたどうしようかな苦笑^^;

■続き。■

話題:突発的文章・物語・詩
■「ん・・・・・。」
早朝。猫忍メイが起きてリビングに顔を出すと目が覚めてお腹がすいていたのか主の神風鳳太がテーブルの上でトーストにかじりついていた。

そして「ん・・・」とこちらに手を向ける。

「鳳太さま・・・・・・朝ごはんの準備であればまだこれからですが・・・・・・?」
メイは意地悪な顔つきで答えたかったがいつものポーカーフェイスで平然を装ってそう答える。
「朝ごはんなら昨日の残りが冷蔵庫に入ってただろ・・・・」

鳳太もまたメイのほうを見ずにそう答えるともう一度彼女の方へと手を出した。

「毎年貰ってるんだから・・・・今年は”無い”とか言わないよな・・・・・?」
そう言って目をそらす彼のほほが少し赤みがかる。

あぁやっぱりか。とメイは心のそこで少々ほほえましく思いながら部屋から持ってきていたソレを隠していた背中から前に出す。

「ハッピーバースディ。鳳太さま・・・・」
明らかに誕生日じゃない。彼の誕生日は3月3日である。

今日は2月14日。そうバレンタインデーなのである。

「ん・・・・・。」それでも主は満足げにソレを受け取るとやはり目をあわせる事無く頷いた。

「鳳太さま・・・・?」
恥ずかしいのだろうか。・・・今年はいつもより手作りとして頑張って作った気がする。
主とはいえやはりバレンタイン。自分もまた異性としてそう意識されているのだろうか?

・・・・そう思うもののメイは主には絶対だとしつけられてきたので彼に感情を持つことはない。
それでも”愛おしい”と思う気持ちは育むよう教えられた。

なのでメイはなんとなく近づいてその頭をいとおしげになでてみた。


「・・・・・子ども扱いするなよ・・・///」
彼はそう言って照れくさげに手を撥ね退けるとメイのほうへとやっと目を向けた。


「お前も今日は頑張って来いよ。」

・・・・・・・・そういわれても彼女は困るだけである。
去年のバレンタインを見た限りでも意中の男性はかなりのチョコを貰っていた。

ある程度・・・私の気持ちを知っていて特別視してくれる部分はあるかもしれないが・・・・・・・・・・・


「・・・・・・・・。」

今日のイベントごときで人生が変わるとは思わなかった。
だから直接的な告白とかは・・・・・・・するつもりは無かった。

ただ・・・・・・・

「鳳太様・・・・・・」

”好きって気持ちは・・・・”どう表現すればいいのでしょう?

口に出してそう言ってみようかと思ったがここでそれを口に出したら主との関係も変わってしまいそうな気がする・・・先日まで少々浮き足立って舞い上がっていた気持ちがだんだんと泡のように消えていく。


どうすればいいのだろう。

そう思って見つめていると今度は鳳太になでられた。


「お前が従者じゃなかったら。俺は”お前”を好きになっていたかもしれない。・・・・・・そのくらいメイは魅力的だと思う。自信を持て」

そう言ってテーブルから立ち上がって彼女をなでる彼は少々彼女より背が低い。

しかしそれが逆に愛しくてメイはそのまま彼に抱きついた。


「鳳太様・・・!!!」
甘えてしまうその衝動は今だけにさせてください・・・・・・・・・・

そして・・・・・・・・・・・・私もこの気持ちを・・・・・・・・・・・・・何とかしてみせます。


そう思いながら彼女は主との朝食を終えると身支度をしてカバンにチョコの包みを三つつめた。
一つは笹目用。もう一つは想い人。そしてもう一つは・・・・・・・


「私は・・・・どうすればいいのでしょう・・・・・・・・・」

それでも何とかこの気持ちをどうにかしないと自分の職務に支障が出る。

学生の本分である勉強にも差支えが出るかもしれない。・・・・・・・何より鳳太様の従者として能力が落ちるわけにはいかない・・・・・

だから・・・・・

私は・・・・・・・・



思えば思うほど迷ってしまう。

そんな朝の出来事であった。

■NEXT■


----
■ぶっちゃけ何も考えてないです(どうしようかと思いつつそれぞれの朝をまず書いてみようかと苦笑汗^^;

■まにバレ!2018★■

話題:突発的文章・物語・詩
■「おはようございます。雪鷹さん・・・・ハイ。これ私からの気持ちです」
早朝。自分より早く起きてお弁当の支度をしてくれた恋人。兼同居人の佐伯雪鷹にチョコを渡す。
「ありがとうございます。和美さん。・・・・・・今年は積極的に気持ちを伝えてくれてありがたいです。」

と。勇気を出して手作りチョコを渡す笹目に雪鷹はお礼のキスを額に返す。
「ゆ・・・・雪鷹さん・・・///」
笹目は恥ずかしそうに両手を額に当てると照れくさそうにはにかんだ。

なんだかんだで嬉しいのである。作った甲斐があるものだ。

「これは仕事場に持って行って同僚たちに自慢してから頂きますね」
とにこりと微笑む彼に笹目は少々ふてくされたような顔で

「帰りには他の生徒や教員達からのチョコをたくさんもらってくるんですから・・・・・・・・・食べすぎには気と付けてくださいね。」と返す。

中学校勤めの彼は教師ではないがやたらモテる。それは性格からなのか雰囲気からなのか分からないが・・・・・・去年もバレンタインを経験している笹目は既にその事実を知っていた。
故に雪鷹はあえて笹目からのチョコを持っていくことにしたのである。

「・・・・そちらにも自慢して食べますよ」何だか黒い笑みを貰ったような気がしたが笹目はそのまま「恥ずかしいのでやめてください。」と赤面して返した。


そして・・・

「笹目ぇい・・・・わだしも出かけてくるでな・・・・!」

と世帯主の板脇シノもまた笹目と一緒に作ったチョコを持って出かけて行った。


「今年はその手作りチョコを渡すんですよ。お婆様」
どうやらお気に入りの”彼”の元へ行くようである。

その後もう一つのチョコをかかりつけの医院のほうへと持って行く予定だ。


「和美さんは・・・他にチョコを渡す予定はあるのですか?」

雪鷹が二人きりの空間でチョコの包みの中身を確認しながらそう聞いてきた。


「あ、ハイ。今年はいつもの公園で一緒に遊んでくれる可愛い後輩さんたちにも”なごみん”からのプレゼントをしようかと」

それは可愛いあの子と彼ら。
それから・・・・・・・

「ハロウィンパーティでの”彼”にも渡しにいきたいところですわね!」

と今年は友チョコもたくさん用意したようだ。

雪鷹はソレを聞きながらふと何かを思いついたように意地悪そうな目で

「もちろん本命は私だけですよね?」

と告げる。
和美さんのことだ。雉鷹やましろくんの分も今年は用意したに違いない。

「あ、当たり前じゃないですか・・・・!今年はちゃんと・・・・んっ・・・・///!」
そう言って笹目が答えようとした途中で何かを口に入れられた。


「僕からのプレゼントですよ。お礼が3月にしなきゃなんて待てませんからね。」

ふっふと少々ブラックがちな笑みをこぼして雪鷹は笹目の口から自分のソレを離した。
「〜〜〜〜//雪鷹さんん・・・・///」

なにやら最近の雪鷹は隙あらば攻めにやってくるようだ。笹目もたまったものじゃない。

「・・・・・あ・・・」そして口に含ませられた何かを見るとそれはイヤリングの片方であった。

「もう片方は来年に・・・・・・・そして和美さんが成人したあかつきにはちゃんとした結婚指輪を渡しますね」
ソレまでもう片方のイヤリングは僕が肌身離さずポケットに入れときますよ。

そう言って自分のお守り袋に入ったそれを見せる。

用意周到である。あからさまに何かを確信して行動している。

「私の人生はもう”雪鷹さんで決まってるんですね・・・・・・”」
笹目は口元を押さえながらイヤリングを目の前のテーブルに置いた。

「不満ですか・・・・・?」
そう言ってテーブルに置いた笹目の手をとりソレに口付ける雪鷹。


「・・・・・・何だか物語のお姫様にでもなったような気分で・・・・・魔法が解けないか不安です。」
笹目がそう不安そうに見つめ上げると雪鷹は「私は王子様じゃないですよ?」

と笑顔で返した。

「和美さんがお姫様なら僕は望みをかなえる魔法使いになりたいです。・・・・・さぁ。貴方の望みはなんですか?」

とその手を下ろし自分の胸元に手を当てて雪鷹がお辞儀をした瞬間うしろからポカン!とシノの杖が飛んできた。


「・・・・・これ!・・・・・・・ゆぎだが・・・・!そういう事は笹目がおどなになってからにせぇ!」


突然戻ってきたシノは持って行く予定だった弁当を忘れたようでそれを取りに来たのである。


大人になってもソレだとなにやら病気じゃないかと思うのだが(ぇ)
少々ピーターパンシンドロームがちな二人は(普通に夢見がちと言え)今日も不思議カップル全開であった。


■NEXT■

-----
■所々に他様宅のお子様へのバトンが落っこちてますが・・・・・・^^;
拾うか拾わないかはご自由にどうぞ^^;

ちょっと濁して言うくらいなら・・・・コラボ申請しなくても大丈夫かなと思ったのですが申請しに行ったほうがよかったでしょうか・・・・・・笹目からの気持ちです。とりあえず予定だけ伝えておきます^^;

■”行くなよ・・”的な。■

話題:こんな感じのイラスト・絵を描いてみたんだけど、画力がないからきちんと説明しないと何が描いてあるかきっと分かってもらえないよね?という話題書き
■好きな人ができバレンタインの浮かれるのは見過ごせるけれども倒れたことには物凄く心配していた鳳ちゃんでした・・・・・・・(下手っぴでごめんなさい。


”俺を置いていくなよ・・・・”本当に不安だったことを安堵するように打ち明けられてメイはそのまま流されるように”うろたえる”か・・・・と思いきや

「そうですね」となだめて頭をなでてあげるなど・・・・・・意外と対応にはなれています。


それだけ思いのほか心で繋がっている部分があるんじゃないかな。この二人は。
意外とメイに頭くしゃくしゃされるの好きなのかも・・・

・・・・・・・・・・・どれだけ一緒にいても安心感でくっつかない。けれども本当はお互いに・・・・・・・・・何かを心配し合っているんだと思います。多分。でもメイはいつか自分が離れてもっと能力の高い二代目さんが時期に社長になっていくだろう彼の前に現れるのじゃないかと・・・・・・・身を引く覚悟はできています。


意外と笹目似の可愛い幼女とかかもしれませんが(ヲイ。
そんな事を思いながらなんとなく鳳メイを描いてみました・・・・・・・・・・。でもやっぱり笹目との絡みが一番好きだな・・・・・・(どっちにしても/苦笑汗^^;

前の記事へ 次の記事へ
■HN:ア○ツマ○ミ/流○戒■
■流良戒/アキツマナミ■さんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 2月24日
■プロフィール■
■ブログ内人気投票■
■可愛がってください^^;

■(※中傷苦情荒らしその他コメント全て拒絶します※)
■毒垢日記/3垢目■<<コソリ。
■創作(オリジナル)と真木司郎(絶対可憐チルドレン/絶チル)が大好きな夢追人です。時々ネタバレとエロが入り乱れた乱筆乱文も発生いたしますので苦手な方はご注意ください。/↓創作倉庫です;■仕事依頼/素材配布/小説■

■参加中企画/まにまに!様■