【ときメモGS3】小悪魔バンビでお邪魔します☆〜桜井琥一編〜



話題:乙女ゲーム





※盛大にネタバレあり!!お部屋デート未プレイの方はご注意下さい。




ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~ (初回限定版)





【コウくん×小悪魔バンビのお部屋デートに色々とツッコんでみた☆】





今回は


「オカンでオトンで時々兄貴。」


な、桜井琥一くんのお部屋に遊びに行ってきましたっ(*^∀^*)/




コウくんって顔は厳ついし、体も大きくて威圧感ハンパないですけど


中身は包容力安心感の塊ですよね。



まさしく『ギャップ萌え』という言葉を体現する男!!!




バンビが初めて家に遊びに来る前の晩とかに、


『アイツにどんなことをされたり、言われたりしても(つまりは誘惑されても)、絶対に手は出さねぇ…。』


なんて、1人誓いを立ててたりするんじゃないですかい?



もしそうだったらお姉さんすっごい萌えます^///^まじ硬派ああああああああ!!!!!!







さてさて参りましょう☆







●やってきましたコウくんルーム!!!(高度すぎるインテリアセンスに女子として落ち込む!!!)




〜小悪魔ver.特別会話〜




時刻は夕暮れ時……夕日に染まったWest Beachの前にて。


何かを思案している感じの小悪魔バンビ様。


嫌な予感しかしません。






バンビ「(………)」



コウ『おい、そろそろ出るぞ?……ん?どうした?』



バンビ「うん……West Beachってやっぱり、いいなと思って。」



コウ『なんだ?どした、急に。』



バンビ「こんなに海の近くで、自由だし、うるさい大人もいないし………わたしもWest Beachで暮らしてみたいな。」






Me Too〜☆\(*^∀^*)/




本当に573のスタッフ様は、不良美少年2人の住み家として、絶妙な場所をチョイスして下さったなぁ〜と思います。


だって『ダイナー』だぜ?


『〜〜荘』とかいう感じのボロアパートじゃないんだぜ?(いやそれはそれで結構萌えるんですがww)



思春期真っただ中の青少年が暮らす場所としては、あまりに羨ま(ry…オシャレ過ぎてワタス涙が出てきます。





コウ『そうか(←諏訪部イイ声///)オマエみたいな女王様が住むには、ちょっとばかり不便かもしれねぇぞ?』



バンビ「そんなの平気。コウくんさえ居てくれれば。」









激 し く 同 意 。









だが一つだけ言っておく!!



「コウくんさえ…」とか言っておきながら、

ちゃっかり“ルカくん”も手玉に取るつもりなのはお見通しなんだぞっ!!(`Д´)ノゴルァ





コウ『…………』



バンビ「だって、コウくん、お料理も上手でしょ?少しくらい不便でも、なんでも出来ちゃうもん。」







女王バンビ様……






おそらく家事のすべてをコウくんにやらせる気である。









コウ『……ま、そういう意味だろうな。』


↑よかったwwちゃんと分かっていらっしゃったwww



バンビ「なに?」



コウ『いや?そんじゃ女王様をお城までお送りするか……行くぞ?』





あれ…今ふと思ったんだケド、小悪魔バンビをやたら「女王様」呼びしてるのってコウくんだけじゃない?



え?ど、どうしよう…あのワイルディーなコウくんに『踏まれたい願望』とかあったりしたら…(((^|||^)))ゾッ






〜バンビの自宅前へと到着。〜





バンビ「ありがとう、送ってくれて。」



コウ『どってことねぇよ。それより……よ。』



↑この一言から彼の懐の深さというか、器のデカさがうかがい知れます。





バンビ「?」




コウ『さっきの話だ。オマエさえよけりゃ、俺はホントに……』



『もちろん、今よりはまともに暮らせるようにするし、ルカだってきっと………』









今、さらっとプロポーズされた気がしたんですが。(※違います。)









コウ『………なに言ってんだ。俺は……ガキのくせに。』




『なんでだろうな。オマエの望みを叶えるためならなんでも出来ちまいそうな気がするんだ。』








悩める少年よ……それが恋というものなのだよ…。




↑一見クサイ台詞だけど、照れ屋で硬派なコウくんの口から聞くと、


とんでもなく素敵な口説き文句に聞こえてくるから不思議である。






バンビ「コウくん……じゃあ、いつか馬車でお迎えに来てくれる?」





さすがバンビ様。


最後はちょっとしたジョーク(「馬車」という非現実的なキーワード)を織り交ぜて

話を軽いものとして終わらせようとしています。コウくんの純情と本気を返せwww




全くなんとも恐ろしい高等テクニックである。





コウ『(満更でもない感じで笑いながら)調子に乗んな。………じゃあな?』





(そしてコウくんはバイクで去っていくのでありました…。)






〜特別会話終了☆〜





バイトお迎えイベントの時も思ったのですが、



コウくんってホンット〜に面倒見の良い男の子ですよね!!!!o(*^ω^*)oハスハス




それはきっと、小さい頃から長い間…色々と不安定なルカくんを見守ってきたからなんでしょうけど、


「この子は良いスキルを身に付けて育ってきたなぁ〜」


と、思わずにはいられません^q^ジュルリ…




このご時世…『生活力のあるタフな男性』ほどモテるものはないんじゃないでしょうか。



私はそう思うよ!!!!!\(^o^)/





コウくんみたいな良い男(精神的にも肉体的にも)を旦那様としてGet You!!!!できたら人生安泰ですよね分かります。




ちょっと今から液晶割ってくるんで、誰か私に巨大なトンカチを下さい。

むしろ一緒に割って下さい。(真顔)





おわります^∀^



他の男の子たちとのお部屋デートはこちらからどうぞ。↓↓↓


☆小悪魔バンビでお部屋デート〜
新名旬平編〜☆

☆天使バンビでお部屋デート〜
不二山嵐編〜☆

☆天使バンビでお部屋デート〜
桜井琉夏編〜☆

【ときメモGS3】天使バンビでお邪魔します☆〜桜井琉夏編〜



話題:乙女ゲーム





※盛大にネタバレあり!!お部屋デート未プレイの方はご注意下さい。




ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~ (初回限定版)




【ルカくん×天使バンビのお部屋デートに色々とツッコんでみた☆】




今回は

「不死身のヒーロー?いいえ違います。ときメモGSシリーズ内きっての魔性の男です。」な、

桜井琉夏くんのお部屋へとお邪魔してまいりました。\(*^∀^*)/




DS時代、実はそんなに好みではなかったルカくん。(あの金髪ロン毛がどうにも頂けなかったww)




しかし、一途プレイで『桜井琉夏』というただの一人の男の子とまっすぐ向い合い、

彼の内面とこれまでの人生をきちんと知ることができてからは、

ルカくんに対して「慈愛」にも似た不思議な感情を抱くようになりました。気分はママン。




あの強さと脆さの極端なバランスが、他のキャラでは見られないルカくん独自の魅力だと思います。

『私だけが知ってる彼の弱さ』ってたまらない萌え要素ですよね!!!




恋愛におけるギャップってすっごく大事。


うん。そうは思うのですが……







プレミアムでの「ドS」と「ドM」のバランス、ちょいと極端すぎやしないか?(真顔)





特に天使プレイでのバンビに対するドS加減ハンパなくね?^∀^;ゾクゾクッ



前から基本的に「Sキャラ」ではあったんだろうけど、

明らかにプレミアムにおいて、そのドSスキルに磨きがかかってますよねwww



だって天使バンビをごく自然に『犬扱い』して可愛がっちゃうんだぜ?(←それに乗っちゃうバンビもどうかと思うけどww)


でもそれなのに小悪魔バンビに対しては、「ママ」とか「ヤダ」とか言って駄々こねて甘えてきやがるんだぜ?







これを魔性と言わずしてなんと言う。










…なんか話が長引きそうなので、そろそろ参りましょう☆





●やってきましたルカくんの隠れ家的おしゃれルーム!!!



本日は通常デートの会話をスル―して、いきなり特別会話へと突入したいと思います。




〜天使ver.特別会話〜




バンビ「(波の音が聞こえる……)」


ルカ『どうかした?』クソ良い声である。


バンビ「ううん、やっぱり素敵な部屋だと思って。」


ルカ『だろ?そろそろ送っていくから、支度して。』



↑ココ!!!言い方が妹に言い聞かせるお兄ちゃんっぽくてキュンとする!!なんかレア!!

それにしても『だろ?』からの話の変わり様どうした。



バンビ「ねぇ…もうちょっといちゃ、ダメ?」



ルカ『いいよ、もちろん』


バンビ「やった!」


ルカ『その代わり、夕ご飯の支度させちゃうよ?』


バンビ「いいよ?それくらい。」


ルカ『じゃあ、部屋の掃除もだ。』



↑段々いたずらっ子みたいな顔になってくるルカくんwww

無垢な天使バンビをどう苛めてやろうか考えてるのが分かります。いいぞもっとやれ。



バンビ「ふふっ!してあげるよ?」


ルカ『それじゃあ……明日の朝、コーヒー淹れて?もちろん、この部屋に泊って。』




うんうん!!!泊るううううううううううううう!!!!!!!\(^///^)/


こう見えて私コーヒー淹れるの得意なんだぞ☆

あっ!何も持ってきてないから、パジャマ代わりにルカくんのTシャツかYシャツ貸してねっ!!




え?


私じゃないの?


バンビに言ってるの?


そ、そう…。(退散)





バンビ「……えっ?」





えっ?じゃねーよ(^ω^)


それが目的なんだろーがバンビちゃんよォ、あーん?←※八つ当たり。




ルカ『今晩さ、コウは実家に泊まるんだって。だから、ちょうどよかった。』


バンビ「あの、わたし……」


ルカ『どうした?ここに居たいならいつでもOKだよ?』






ルカくんが発する『どうした?』の優しさ、バファリン1億個分。


声から溢れ出る色気パネェ。杉田パネェ。





バンビ「ごめんなさい……」


ルカ『……(フッって笑って)そんな顔しなくていいよ。冗談だから。』


バンビ「えっ!もう……ビックリした!」


ルカ『ほら、早く行こう。支度して。』





〜舞台はバンビの自宅前へと移り…〜




バンビ「ありがとう、送ってくれて。」


ルカ『うん、あのさ……』
  

バンビ「……?」



来たぜ☆シリアスモードなルカくんのターン!!

いっつも大事なコトはぐらかしてばっかりのフワAボーイだから、

真剣な顔で真剣な話をされるとうっかり心臓を掴まれそうになります(^q^)←※それが573さんの思惑である。



ルカ『いつでもOKってのは、冗談じゃないよ?』


バンビ「……ルカ。」


ルカ『オマエはさ、自分が思っている以上に、可愛くて、セクシー……弱いよ。』





セクシーで……


セクシーで……


セクシーで……







ちょっと確認させて下さい。











天使バンビちゃんは、天使なのにセクシーさも兼ね備えているのかい!!?





な、なんて恐ろしい子!!!

そりゃモテるに決まってるわww




ルカ『それで俺は……オマエが思ってる以上にズルくて、乱暴だよ……気をつけて。』





大丈夫だ。全然問題ない。(`・ω・´)キリッ!



いい?ルカくん…


全国に何万といるバンビはね…





キミ達GS3男子がその乱暴さを発揮してくれるのを心待ちにしているんだよ…。(優しい微笑み)





バンビ「……はい。」


ルカ『……いい。』


バンビ「……?」


ルカ『今の“はい”って言うの、今度は、石ころケリながらやって。“は〜い……”って。』←ばかwww


バンビ「もう……」


ルカ『(フフッって笑って)じゃあね。』


↑ルカくんのこの笑い方、わたし大好きなんだよなぁ…。彼氏にはこんな風に優しく笑いかけて欲しいッス^///^




(そしてバイクで去っていくルカくん…。)




バンビ「うん、バイバイ!」





〜特別会話終了☆〜





いや〜…嵐さん宅訪問時は、会話の端々から『結婚』の匂いがしておりましたが、


ルカくんの場合はそれがモロ『エロス』でした。



さすが魔性の男は、女の子の反応に対する余裕が違います。




想像でしかないけど、絶対年上のお姉さんとお付き合いしたことがあるはず!!\(^o^)/



だってルカくんみたいな美少年に

『おねーさん、俺と遊んで?』

なんて言われたらホイホイついて行くしかないでしょうよ!!!(涙目)




ぜひ私も遊んでいただきたいです。






長くなりましたが終わります^∀^

ここまで読んで頂きましてありがとうございます。



他の男の子たちとのお部屋デートはこちらからどうぞ。↓↓↓


☆小悪魔バンビでお部屋デート〜
新名旬平編〜☆

☆天使バンビでお部屋デート〜
不二山嵐編〜☆

☆小悪魔バンビでお部屋デート〜
桜井琥一編〜☆

【ときメモGS3】天使バンビでお邪魔します☆〜不二山嵐編〜



話題:乙女ゲーム



※盛大にネタバレあり!!お部屋デート未プレイの方はご注意下さい。




ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~ (初回限定版)




【嵐さん×天使バンビのお部屋デートに色々とツッコんでみた☆】



今回は

「世界のFU・JI・YA・MA☆」
こと、

不二山嵐くんのお部屋にお邪魔してきました(*^∀^*)/



わたくし変態、嵐さんとのお部屋デートには素で緊張してしまいます。



なぜなら。


実際にあんな魅力溢れる高校生男子と同じ部屋に入れられたら、


私の理性は崩壊するに違いないと確信しているからです(キリッ


液晶よありがとう…。




では参りましょう☆




●やってきました嵐さんルーム!!!


嵐さんキタアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!\(^///^)/ラリホー☆


何この男前!!もう立ち絵からして既にカッコ良いんですけどおおおおおおおおお!!!!!!(落ち着け)


嵐さん『……どぞ。なんもねー部屋で悪ぃけど。』←この「どぞ。」の言い方おさな可愛いいいいいい!!!(だから落ち着けって)


「男の子っぽい部屋だね」の選択肢をチョイス。

何十回とやったから『やったね!バッチリ好印象!!』が出るのは承知済みである。



嵐さん『まあな。……あんまジロジロ見んな。ボロが出る。』




フッ…甘いぜ嵐さん。

私のような変態が実際に遊びに来たら、ジロA見るどころか部屋じゅうを舐めまわすように見学しちゃうんだぞっ☆(やめんか)




〜そして始まる天使ver.の特別会話。〜



じぃ〜っとバンビを見つめる嵐さん。相変わらず凄い目ヂカラであります。

すると…



嵐さん『なぁ。床に座るのって疲れるか?』


バンビ「ふふ、どうしたの?突然。」


嵐さん『割りと冷てぇしさ、床。そうゆうのもあんま良くねーんじゃねぇかなと思って。』




奥さん聞きまして?



なんという細やかで優しい心遣い…!!!



そんな事を言ってくれる日本男児がまだこの日本に残っていたとは…!!!

さすがです嵐さん、これが新たな亭主関白のカタチなんですね分かります結婚してくださいm(__)m




バンビ「気にしてくれたんだ。ありがとう。」


嵐さん『おう、でさ、こう…でっけぇ座椅子みてーなのがあったら、おまえ楽か?』


バンビ「座椅子?」


嵐さん『うん。こんなの。(カタログらしきものをめくる嵐さん)』





(^ω^)???






嵐さん『これ。ラブソファーっつーのか。ふたり掛けのやつ。』











な ん だ と <●><●>カッ










イキナリなんつー萌えワードをブチ込んできやがったんだ私の柔道くんは。


と、とりあえずおお落ち着こう…落ち着かねば…(ガタガタ)




バンビ「わぁ、どれもかわいいね!でも不二山くんのお部屋だと浮いちゃわない?」


嵐さん『………浮く。』←子どもみたいな言い方が激カワである。


バンビ「あはは!わたしは今のままで充分だよ?座布団も用意してくれて。」

↑対嵐さんバンビの性格いいなぁ〜好きだなぁ〜(*^_^*)気さくでさっぱりしてて愛くるしい面白さもあって。女子からも人気が高い気がするぜ。


嵐さん『本当に?』


バンビ「うん。だから無理しないで。」


嵐さん『無理っつーか。……おまえと並んで座りたかったっつーか。』








も え こ ろ さ れ る わ \(^o^)/






もうヤダ嵐さんズルイ……なんでこんなにストレートなのズルイ…orz

その天然口説き文句で、何度わたしを打ちのめしたら気が済むのおおおおおおお/////////




大技かけるのは畳の上だけにして下さい(真顔)





バンビ「ふふ!じゃあ、浮かないお部屋に住めたら考えるのはどう?」



嵐さん『!それいいな。いただき。』←なんだかとっても嬉しそうな嵐さん♪


バンビ「うん!」




〜特別会話終了☆〜





なんかもう…

「キミ達これで付き合ってないとかウソだろう。」レベルのイチャつきっぷりに撃沈でありますwww


自分たちがバカップルだという事に全然気が付いていない一番タチの悪いパターンです。

でも許しちゃう!!だって可愛いから!!!めちゃくちゃ癒されるから!!!(*^∀^*)bグッ



本当にこの2人を見ていると…

現実社会における恋愛での「ちょっとした意地」とか「駆け引き」とかが意味のない事のように思えてきます。


実際には難しい事なのかもしれませんが、

色々と深く考えず、素直に自分の気持ちを伝えることが大事なんでしょうね。






…って、いい大人が乙女ゲームから恋愛の在り方を学ぶってどうなんだwww





おわります^∀^



他の男の子たちとのお部屋デートはこちらからどうぞ。↓↓↓


☆小悪魔バンビでお部屋デート〜
新名旬平編〜☆

☆天使バンビでお部屋デート〜
桜井琉夏編〜☆

☆小悪魔バンビでお部屋デート〜
桜井琥一編〜☆

前の記事へ 次の記事へ
ハルと申します。(別名:変態)
ハルさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 10月19日
血液型 AB型
カレンダー
<< 2012年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31