【ドラマCD】ブラザーアンドロイド-03.ガイ-感想☆


前回に引き続き、


『ブラザーアンドロイド』シリーズの感想を書きたいと思いまっす(*^∀^*)/

(「ブラザーアンドロイド」についての簡単な説明は前の記事にありますのでどうぞ☆)



今回は

自分を兄と認識して主人公を妹として愛する『兄タイプ』のアンドロイドであり、

『主人公をグイグイ引っ張っていく俺様なお兄ちゃん』と初期プログラムされた



「ガイ」兄ちゃんとのラブラブ同棲生活(←だからちげえって)についてお話させて頂きます。




※ネタバレ注意!!!※






【ブラザーアンドロイド-03.ガイ-(cv.前野智昭)感想☆】



ブラザーアンドロイド-03.ガイ-

〜トラックリスト〜

-第一段階:初めまして(10年前)-
1.俺はお前の兄貴だ(ガイ.ver)
2.お前を知りたいと思う事はいけないことか?
3.いつまでも覚えていたい
4.約束しよう、お前の傍にずっと居ることを……

-第二段階:兄として-
5.ねぼすけなうちのお姫様
6.秘密にしていたこと
7.お仕置き
8.俺だけの可愛い妹
9.もっと甘くしてみないか?
10.忘れ物

-第三段階:???-
11.約束
12.ありがとう……
13.変わらないもの
14.大切な人
15.傍

-エクストラトラック-
16.俺から見た世界(ガイ.ver)


※第一段階は「10年前」、第二段階・第三段階は「現在(10年後)」という時間軸になっています。





●第一段階:初めまして(10年前)


ユウくんの時と同様、アンドロイドの彼を起動させるところからストーリーは始まります。


やはり『起動完了』の声がやたらカッコ良い。


ガイお兄ちゃんはユウくんとは違い、初めからだいぶ滑らかな話し方のような気がします。

てか本当にエエ声やな前野さん…orz


声帯から色気がダダ漏れである。


主人公の妹ちゃんは、まだ6〜7歳くらいなんでしょうか。

お仕事で忙しいご両親が、寂しくないようにとプレゼントしてくれたのが『ガイお兄ちゃん』らしいのですが、最初はあまり嬉しくなさそうな感じです(笑)←所詮ご両親の代わりでしかないため。



「兄と妹」というよりは、

しつけ係としてやってきたオカン気質のお兄さん

甘えたいのに素直になれない意地っ張りな女の子との



ただの共同生活。←




『野菜を残すな』だとか『机を叩くんじゃない』とか何かと口うるさいガイ兄ちゃんに、少々反抗的な妹ちゃん。



もちろんそんな関係性は徐々に変化していきます!!!





『俺はお前の兄貴だから』


といって甲斐甲斐しく妹のお世話をするイケメン兄ちゃん。


ハンバーグやケーキを手作りしてあげたり、一緒に観覧車に乗って、ひざの上で抱っこ(←!!!)してあげたり。



トラック4では、家出しちゃった妹ちゃんを探しにきて

『お前が寂しくならないように…ありったけの愛情をお前に注ぐから』と宣言。



なにその包容力!!!!男らしくて超かっこいいいいいいいいいいい!!!!!!!(*/∀\*)

ってなりました。




●第二段階:兄として



やってきましたラブラブ同棲生活のターン!!!!!!(`・ω・´)キリッ!


第一段階の時から10年が経過しております。


もうすっかり恋人…じゃなかった、仲良し兄妹といった感じ。


ガイ兄ちゃんの色気もますますパワーアップしていて、

朝起こす時に妹ちゃんのお布団に入ってきたり、怖い夢を見た妹ちゃんと一緒に寝てあげたり、


『いくつになっても可愛い、俺だけの妹…』とか言って


キスまでしてきやがりますごちそうさまです。←



そんな風にいつも優しく可愛がってくれるガイ兄ちゃんに、

妹ちゃんはいつのまにか恋心を抱くようになっていった模様。



トラック10では、忘れ物を届けてくれたお兄ちゃんのほっぺにチューをして、
「大好き」と伝える妹ちゃん。

ガイ兄ちゃんは「もう少し距離をとらないとダメかもしれない…。」と、
兄妹のあるべき姿を考え始めます。



私からしたら


『あれだけイチャついといて今更なに言ってんだYO☆\(^o^)/』


って感じである。




●第三段階:???


あれから、妹ちゃんに対して一定の距離を置いた付き合いを心掛けるようになったガイ兄ちゃん。


妹ちゃんの事が女の子として気になっているようですが、立場をわきまえて


「俺は『兄』として作られたアンドロイドだから、お前に兄が必要なくなった時はお前のもとを離れなくてはいけない…。」


とか言いだしますマジやめて私泣いてまうううううう(´;ω;`)



妹ちゃんがきちんと告白をしても、


『アンドロイド』である自分を選んでも幸せにはなれない。


という考えから、まともに取り合ってくれません。むしろそこから冷静につき放します。

珍しく怒鳴ったりもするんだぜ(^_^;)



でも妹ちゃんは決して諦めたりしないのである。


ガイ兄ちゃんの傍に居たいとアピールし続けるのであります(グッジョブ☆)


なので最後は、ユウくんの時と比べるとまだ、2人の未来の可能性を感じられるような終わり方になっています。




●まとめ


いや〜お兄ちゃんって良いですよねぇ。

私、妹しかいないので『お兄ちゃん』って永遠の憧れの対象であります。

(お兄さんのいる友達は「兄ちゃんとかマジいらないわ…邪魔だしクサいし。」とか言っていましたがwww)


このドラマCDを買った当時、
ワンピースのエースに激ハマりしていたので、


ガイ兄ちゃんの

セクシーでワイルドだけど、実は真面目で、面倒見がよくて、おちゃめなところが(エース兄ちゃんとかぶったりなんかして)、たまらなくツボでした(^///^)


こんな人が恋人だったら、ストレスフルな状況にさらされていても、精神的に安定した生活が送れるんだろうなぁ(笑)

生理前に性格がゴリラ化しても、両手を広げて温かく受け止めてくれるに違いない。←


いやしかし、本当にこの『ブラザーアンドロイド』シリーズは、ストーリー性のある深いドラマCDだなぁ…としみじみ思いました。



☆もう1つの『ブラザーアンドロイド-ガイ-』の感想はこちら

☆弟タイプである『ブラザーアンドロイド-ユウ-』の感想はこちら




【ドラマCD】ブラザーアンドロイド-02.ユウ-感想☆


『週刊添い寝CD』に盛り上がりすぎて、ずっとレビューを書けずにいたのですが(←そんなドラマCDがまだいっぱいある…汗)

いつもお世話になってるBlackButterfly様の作品であり、

私自身とても感動した1枚だったので、
きちんと感想を書きたいと思います☆


※ネタバレ注意!!※




【ブラザーアンドロイド-02.ユウ-(cv.鈴村健一)感想☆】



●商品の簡単な説明


『ブラザーアンドロイド』は、添い寝CD同様にシリーズ化されており、全4作が発売されています。

本シリーズはその名の通り、
「兄」or「弟」としての設定がプログラミングされたアンドロイドの男の子が、

主人公(リスナー)のもとにやってきて、家族として一緒に生活していくお話です。(←はしょりすぎだろ)


主人公と暮らしていく中で、
アンドロイドの彼らは自我や感情を育て、普通の人間のように様々な想いを抱くようになっていく
わけであります。


今回は、
自分を弟と認識して主人公を姉として慕う『弟』タイプのアンドロイドであり、

『素っ気ないけれど誰よりも姉想いの弟』と初期プログラムされた


「ユウ」くんとの同棲生活(←ちげえ)について語らせていただきたいと思います(*^ω^*)キャホホホww



ブラザーアンドロイド-02.ユウ-

〜トラックリスト〜

-第一段階:初めまして-
1.……よろしく(ユウ.ver)
2.どうして喜ぶ?
3.俺より……
4.修学旅行の夜

-第二段階:弟として-
5.遅刻の方が問題
6.ちっぽけな存在
7.本当に一人で行くことないだろう…
8.たまには俺を頼れよ
9.心臓ノオト
10.それ位いいだろう?
11.部活に入らない理由

-第三段階:???-
12.七夕祭り
13.もう少しだけ
14.お前を困らせるだけだ
15.わかっていたこと

-エクストラトラック-
16.俺から見た世界(ユウ.ver)



●第一段階:初めまして


第一段階は、主人公がユウくんを起動させるところから始まります。

とりあえず『起動完了』の声がすげーカッコ良かった。

この頃はまだ出会いたてなので、彼の話し方はかなりロボットっぽい感じです。


だがそれが良い。


猛烈に素っ気ない口調で、とっても優しいことを言ってくるから

『なにこの子可愛いいいいいいいい/////』

って床ローリング余裕でした。(真顔)


トラック4では、修学旅行先から電話をかけてきてくれるんだぜ。

『お前は俺が居ないと危なっかしいから、一人にさせると心配だった。』

とか言ってさあああああああああ\(^O^)/

そしてここで初めてツンデレ気味に『姉貴』と呼んでくれます。


まったくチクショウ『姉貴』呼び最高である。



●第二段階:弟として


この段階では、口調がずいぶんと自然な感じになって、
お姉ちゃんに対する気遣いも
より能動的なものにレベルアップ☆↑↑↑

まるで年下の彼氏と同棲している気分にさせてくれます
どうもありがとうございますm(__)m


トラック5は『ホント足遅いな』とか言われて笑えるし。

トラック7は素直になれないツンデレ加減が、

トラック10ではお姉ちゃんとお出かけできなくなってスネちゃうところがめっちゃ可愛かったッス(^///^)



●第三段階:???


この時点で、ユウくんは主人公のことを「姉」としてではなく、
『一人の女の子』として見るようになっています。

もちろん、主人公に対してはちゃんと「弟」として接していますが、

言葉や態度から恋人のような甘さと優しさが滲みでています。(←また鈴村さんが良い演技されてるんだなこれが…)


しかし、ある出来事(事件?)をきっかけに
物語は悲しい方向へと進んでいってしまいます。

ラストにかけての展開は切なすぎて、
「え?これ本当に添い寝CDと同じレーベルの商品なの?」
って思ったりもしますが、

最後に

『ユウうううううううううううう!!!!!(感涙)』

と泣き叫びたくなること間違いなしです。


完璧なハッピーエンドとは言えないラストかもしれませんが、

あくまで『アンドロイド』との恋愛であることを
意識させ続けた演出はニクいです。

心に妙な余韻を残してくれます(笑)



●まとめ


聴いていてほのぼのするシーンも多いですが、
『添い寝CD』とは少々テイストの異なった作品です。(ジャケットも近未来的ですし)

添い寝CDから得られるようなドキドキやキュンキュン感は
少なめかもしれませんが、

心の深い所にひっかき傷をつけられたような
じんわりとした感動が味わえます。


なによりBGMがすごい良かった(*^_^*)

おかげでこのCDの世界観にじっくりと浸ることができました。



長くなってしまってすみませんでした!!
おわります☆


☆もう1つの『ブラザーアンドロイド-ユウ-』の感想はこちら

☆お兄ちゃんタイプである『ブラザーアンドロイド-ガイ-』の感想はこちら




前の記事へ 次の記事へ
ハルと申します。(別名:変態)
ハルさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 10月19日
血液型 AB型
カレンダー
<< 2017年12月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31