年々生理が重たくなっていくので(笑)


精神がゴリラ化する前にまた妄想してみました。


苦手な方は回れ右して下さいね(o^^o)



以前アップした↓↓↓


『立海メンに生理がつらいと訴えてみた。』

『氷帝メンに生理がつらいと訴えてみた。』


の四天宝寺版になります☆




【四天メンに生理がつらいと訴えてみた。】




※学生カップル設定です。

関西弁が不自然ですが何卒ご容赦下さいm(_ _)m




白石蔵ノ介

蔵は基本的にとても気遣いのできる人だし、お姉様と妹ちゃんに挟まれているから

どんな症状にもテキパキ対処してくれそうですよね(*´ω`*)


●酷い生理痛

一般的な頭痛薬を飲もうとする彼女に、わざわざドラッグストアで買ってきた生理痛に特化した鎮痛剤をこっそり渡す。(のちにその話を聞いて白石姉妹ドン引き。)

●イライラ

昼食時にセージやフェンネルなどのサプリメントをこっそり差し入れ。プラス頭をなでなでしながら顔を覗き込んで『大丈夫か?今日は無理しなくてええからな…(´・ω・`)』の甘やかし攻撃。

↑※「こっそり」というのがポイント。


イケメンの母性は無敵である。



忍足謙也

@辛そうな彼女の姿を見てウズウズする。

「どーしたの謙也…。何か用?わたし今すっごくお腹痛いんだけど。」(半ギレ)

『…う〜〜、あ〜〜〜っ、アカンわ!!!ちょっとこっち!!』

「ちょ…っ、もー!!何!!?」


A彼女の手を掴んでひと気の無い所まで引っ張っていく。

「ねえ!ホント何なのっ!!?腹痛いって言ってんだろーが!!!」(ガチギレ)

『…………ギュッてしたなった。』

「……はああああっ!!?」

『…よう分からんけど。抱きしめ…たい。』

「今の福士か!?某映画の福士蒼汰か!!?」


Bとりあえず全力で抱き締める。

『ぎゅー。』

「…満足デスカ謙也サン…。」(諦め)

『腹痛いの治った?』

「そんな簡単に治ったら苦労しないんだよぉ…。」

『生理痛ってあっためるとエエんやろ?』

「ねえ、ドヤ顔する前に薬ちょうだい。」

『良くなるまで俺がついとるからな!』

「聞け医者の息子。」


苦しむ彼女を見て父性に目覚めちゃった謙也くん。



千歳千里

キョトン顔で『どげんしたと?』って聞いてくるから素直に話したら

保健室のベッドでトトロになってくれる。

おなかの上に乗っけてぎゅーってしながら一緒に昼寝してくれる。

くれぐれも先生に見つからないよう注意(笑)



一氏ユウジ

基本キレてる。

キレながらも色々と面倒見てくれる。

「あ〜小春に会いに行きたいわ〜」とか言いながらもそばに居てくれる。

大げさにため息つきながらもモノマネで笑わそうとしてくれる。

怖いんだか優しいんだか分からないタイプ(※やっかい)



金色小春

頭がべらぼうに良くて、乙女のハートが分かる小春ちゃんは

そこらへんの男子より、よっぽど頼りになるに違いない。

『はいっ☆これあげる〜( *´艸`)イライラにはこれがエエみたいよお〜♪』

とか何とか言って明るくナチュラルに助けてくれそう。



石田銀

私「…………」

銀さん『…………』

私「…………」

銀さん『…………』

私「ごめん銀さん私が悪かった!全っ然大丈夫!気のせいだった!!だから合掌したままそんな悲しい顔しないでええええっ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」



小石川健二郎

何かをお願いしたら快く引き受けてくれて

ほっといて欲しい時は、遠くからそっと様子を見守っていてくれそう。

つまり押し付けがましくない一番有り難いタイプ( ^ω^ )

それが曲者だらけの四天テニス部で培われた副部長クオリティ( ^ω^ )



財前光

『ふーん、そうなんスか。』で会話終了。基本あっさり。

なぜなら、自分がどーこーしても女の子の痛みや苦しみが根本的に無くなるわけじゃないと思っているから。

分からないものは分からない。それをハッキリ伝えられるのが光の良いところ。

だからと言って冷たいワケではなくて

苦しむ姿をじ〜っとそばで眺めながら

『…薬は飲んだんスか?』って聞いたり

頭ワシャワシャしたり、ほっぺふにふにしたりして安心感を与えてくれるような優しさはある。



遠山金太郎

具合悪くて机で突っ伏してたら、元気よく背中に飛び乗ってくる金ちゃん。

と、そんなゴンタクレを咎める蔵の図。↓↓↓


金ちゃん『姉ちゃん遊ぼうっ!』(ガバッ)

私「グエッ…!き、金ちゃんぐるじい…!!」

蔵「コラ金ちゃん!何してんねん!?そいつ今具合悪いんやから大人しくしときなさい!」

金ちゃん『…そーなんかぁ?姉ちゃん具合悪いん?ごめんなぁ…。』(子猫のような可愛い顔で覗き込んでくる)

私「大丈夫だよ〜…。せっかく来てくれたのにごめんね…。また今度遊ぼうね。」

金ちゃん『分かった…、また今度な…。』

私「蔵ごめん、私ちょっとしんどいから保健室で休んでくるよ…。後でノート見せて。」

蔵「おー、分かった。1人で大丈夫か?」

金ちゃん『ワイが姉ちゃんのこと運んだる!!!』

私・蔵「!!!!??」

金ちゃん『行くで姉ちゃん!!!』(男らしく抱き上げる)


そのまま猛ダッシュで保健室までGO☆



渡邊オサム(おまけ)

あの色気たっぷりのフェロモンにあてられた瞬間

一気にホルモンバランス整いそうだから

オサムちゃんは隣にいてくれるだけでOK。




おわります^▽^