スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

梅毒の治療期間は感染から発見までの期間で変わる?

梅毒治療期間は感染から発見までの期間で変わる?
梅毒の治療期間は感染してから治療を始めるまでの期間によって、治療も大きく変わってきます。

もちろん、早くわかればわかるほど治療期間は短くてすみます。

梅毒は感染してから3週間ほどたつと1期の症状が見られます。

この時期に梅毒感染に気が付いてすぐに病院で治療を始めたら、4週間から8週間ほどで完治するケースが多いです。

感染後3ヶ月ほどたった皮膚症状(バラ疹・梅毒疹)が出る梅毒時期で感染に気が付いた場合は、8週間から12週
間の治療期間が一般的です。

ただ、この治療期間はあくまでも目安であって、完治したかどうかは、血液検査(RPR法)で医師が数値を見ながら判定します。

自分で2週間たったからといって勝手に薬を止めるのはとても危険です。

また薬を飲み始めると、皮膚症状は治まってきます。でもけっして梅毒が治ったわけではありません。
途中で服用を止めると、そこからまたトレポネーマが増殖しはじめます。

梅毒はほっておくと命に係わる性病ということを忘れてはいけません。必ず医師の指示に従って治療に専念してくださいね。

梅毒の3割くらいは無症候梅毒もあるので、症状がないからといって安心はできません。

特に女性は1期の硬いしこりに気がつきにくいです。

感染部分にしこりができる頃から、リンパが腫れ始めるので、少しでもおかしいと感じたら、早めに病院を受診してください。
続きを読む

梅毒は再発する?

梅毒再発する?
梅毒は一度感染したら免疫ができる

ということはなく、何度でも感染する性病です。

血液検査を受けると、TP検査で陽性反応が出るため、「抗体があるから感染しない」と勘違いしている人もいるよう
ですが、梅毒は一度完治しても、感染者との接触があれば何度でも感染(再発)する性病です。

一度でも梅毒に感染したことがある人は、郵送式の検査キットでは陽性と判断されるので、また感染したかも知れな
いと思ったら、次からは病院で検査を受けてください。

TPHAは陽性ですが、STの数値(RPR法)で現在梅毒に感染しているかどうかを判断します。

梅毒には、かぜ薬やづつう薬などのような売薬はありません。

医師の処方箋薬が必要な処方薬です。

個人輸入などのネット通販で治療薬を購入しても、完治したかどうかの判断は、St検査の数値を見ながら医師による
判断になります。

完治しないまま中途半端に投薬を行うと、再発したり、人に感染させることもあるので絶対オススメできません。


そのまま梅毒が進行すると、3期、4期と進む可能性もあ里、命に関わるので、自分で何とかしようと思わず、医師の診断にゆだねましょう。
続きを読む

梅毒検査で偽陽性の確率はどのくらいか

梅毒検査偽陽性の確率はどのくらいか
梅毒検査には2通りあるって知ってますか?

STS法とTP法です。

STS法は、感染した日から3週間〜6週間で陽性反応がでるので、早期発見に役立つ反面、偽陽性も多く含まれます。

梅毒検査(STS法)の偽陽性の確率は
5%〜20%といわれています。

TP法は感染した日から4週間〜6週間で陽性反応がでます。

早期発見には向きませんが、梅毒の病原菌であるトレポネーマに由来する抗体を検査するため、非常に精度の高い判
定ができます。

ただ、TP法は過去に病歴がある場合は完治していても公大半ぬが出るため、感染暦がある場合はTP法だけでは現在の感染を判断することはできません。

梅毒検査(TP法)の偽陽性の確率
0.1%〜0.5%といわれています。

それぞれに欠点があり、それぞれに利点があります。

そのため、両方の検査を行うことで正しい判定を行なっています。

ちなみに梅毒の即日検査、郵送式の検査キットで主に使用されているのはTP法です。
続きを読む

梅毒検査で陽性でした…


梅毒検査キットで陽性でした…と、病院に来る人が増えているといいます。
まさか若い女の子が梅毒に感染しているとは思えないのも当然で、誤診も多いといいます。

ある医師のもとを訪れた親子

バラ疹では?と思っても、母親の前で本当のことを言ってくれるとは思えず、別室で看護婦さんに性行為の経験や幹
線の可能性を問診してもらい、血液検査で梅毒陽性が出たという話を聞いたことがあります。

まさかと思うかもしれませんが、それくらい若い女性の間でも梅毒は増加しているのです。

クラミジアは10に1人程の割合で感染していて、4人のうち3人は無症状であるため、感染の自覚がなく移して言って
いるという実態はありますが、梅毒というと、ちょっと話のレベルが変わってきます。

だって梅毒は感染が判ってから1週間以内に国に報告の義務のある性感染症だからです。

ペニシリンによる治療が始まって、死の病と恐れられることはなくなりましたが、適切な治療を受けなければ死に至

る病気であることも変わりありません。
不安行為があったことは、他でもなく、自分が一番わかっていること。

最近は郵送式の検査キットでセルフチェックを行って、

「梅毒検査で陽性でした」

と、病院に来る人が増えているそうです
続きを読む

梅毒の急激な増加と風俗の関係…

梅毒の急激な増加と風俗の関係…
梅毒がなぜここまで急激にどうかしているか。

様々な説があります。

2010年までは600人ほどで横ばいだったのに、以降、急激な増加に転じ、2015年には2000人を超え、2016年には
4500人を超え、2017年では7月末の時点で既に3000人を超える勢いです。

特に注目したいのは感染者の動向。

2010年までは80%以上の梅毒感染者が男性で、その半数以上がMSMと報告されていました。

ここ数年の感染拡大で注目しているのは、若い女性、特に10代から20代の若い女性に爆発的に感染が認められると言う点です。

皮膚科の若い医師は梅毒の臨床経験がない医師もいて、感染に気がつかないケースも多いといいます。

だって、まさか目の前の親に連れられてきた女子高生が、梅毒に感染しているとは、思わないでしょうから。

なぜ若い女性にここまで梅毒が広がっているのか…

一説には「ワリキリ」といった個人売春や、風俗関係の短期バイトが原因とも言われています。

では、梅毒に感染した客から移された?

理論的にはそうなりますよね

でも、もともと国内での感染者数は少なかったわけですから、ここまで爆発的に増加するというと、外から入ってきたと考えるのが自然ではないかと思っています。

実際、そのようなニュースも多く見かけます。

ワリキリを行った人も、そして利用した人も、感染している可能性は否定できません。

時期を見て、検査を受けること。治療を受けること(感染してからの期間によって治療期間は変わってきます)。そして自分の体を守る為にも、大切な人の体を守る為にも、危ないアルバイトには気をつけることが大事ですよね。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ