またあえたね、と云ってみたい



引っ越しのお陰で紛失していたヒカリモノが2つ発掘されました。
1つはアガットのネックレス。
もう1つはvivienneのネックレス。


鍍金が剥がれてぼろぼろですが、それがお氣に入りなのです。
このネックレスは留め具にもオーブが有って可愛い。
個人的にvivienneは20年前位のデザインが好きですが、最近目にする安全ピンデザインはとても好みです。
まだまだ愛せる悦び。







話題:Vivienne Westwood








ところでvivienneに関してはあと4つか5つ紛失しているので、それらも恥ずかしがらずに出て來ればいいのに、と心底思っております。
ぎりぎりぎり……(歯軋り)。









空気読まないはじまり




8月は普通にご飯を食べてしまった上に汗をかいたので、顔と首筋が死んだ大地のやうに荒れ果てております、けんこーです。
糖質制限は継続しないと反動がすごいと知りました……(´・ω・`)
余りに酷い上に治らないので、オロナイン先生に泣きつきます。
オロナインとリポDは万能だと思い込んでいる派閥です(なにその派閥)。








先日は仕事上がりにバンド少女と閉店までファミレスに引きこもりました。
「けんこーさまとお話したいことが沢山ある!!」らしいので、専ら聞き手です。
手前なんぞになついて如何するの?とも思いますが、彼女が楽しいならば本望です。
可愛らしいステッカー?をくださったので、その場で携帯に貼り付けたら大層喜んでくれました。
可愛らしいですね。
ライブのDVD、楽しみです。





(タイトルは大森靖子さんの「ノスタルジックJ-POP」から)










続きを読む

ピンクは鬼門




にも関わらず、このアリサマ。


キャンメイク:パーフェクトスタイリストアイズ14

Dior:アディクトリップマキシマイザー001



…………鬼門とは(´・-・`)



否々キャンメイクのこのお色は、左下の赤が凄く素敵だったんです。
ピンク目当てでは無く赤目当てです!
綺麗な赤、では無く少し茶がかったような……錆びた血色のような、そんなお色なのです。
詰まりは黒髪にどんぴしゃです\(^o^)/
先日は服が黒かったので、バッグと眼の下は赤くしました。
そんな氣分にぴったりの赤。
右上も濃度は素敵なのですが、如何せんピンク寄りなのでちょっと勝手が違うんですよね。
暈しにはいいかもですが。
他のお色?そんなの知らん←



マキシマイザーは余りに評判が良いので、とめこさんの誕生日プレゼントの1つにしようかな、と考えておりまして。
只、自分が未知のモノを差し出すのは氣が引ける質ですので、先ずは毒見です。

………………

刺激がとってもキモチイイです(°▽°)
色も大して付きませんし、これはイイ。これは素晴らしい(°▽°)
(※けんこーさんは基本的にちょろい)



今年のプレゼントは香水と口紅、では無く香水とマキシマイザー、或いは口紅とマキシマイザーにしようそうしよう(ちょろい)。






話題:新しい化粧品











ブレナムブーケ




休憩がちゃんと確保出來ましたので、ちびちびとペンハリガンの感想をば。



【PENHALIGON'Sブレナムブーケ】

メンズのミニチュアセットから、先ずは王道のこちらを。
最初に試したのがこのブレナムブーケでした。
ペンハリガンと云えばブレナムブーケ、のイメイヂでしたので。
ラベルも香りも、この中では一等クラシカルな香水です。

つけると吃驚する程爽やかな柑橘系の香り。
ノートを確認していなかったので、本当に想定外でした。
ロクシタンのレモンバーベナを思い出しましたからね、そのくらいストレートな爽やかさ。
それよりは複雑で苦味?厚み?のある落ち着いた香りでしたが、ガツンと柑橘。
(見たらラベンダーが入っているのでそれでしょうか?)
そして(手前の場合ですが)20分程度で香りが変わり始めました。
柑橘がゆるゆると消えてゆき、代わりに氣付くと重厚な香りが……。


とってもメンズ!!!!


トップのユニセックス感は皆無です、THE・メンズ香水の香りです。
重厚ですが「香りが重い」訳では無く、複雑で繊細な香り。
第一印象は「わぁ!高い香水の匂い!」でしたからね(あったまワルイ)。
このTHE・メンズ!のメンズ部分は「メンズと書いて紳士と読む」だと思ってください。
オフィスでは無く、格式高い社交場が似合う、そんなイメイヂ。
きっちりスリーピーススーツを着て胸元に遊び心を差し込んで……そんなフォーマル且つ華やかな場に似合う香り。



端的に云うと、「これが似合う男にわたしはなりたい」です(ん?)。



後半は甘さや爽やかさはほぼありません。
ムスクの匂いとスパイシーな匂い、それがとても上品な一品。流石は英国王室御用達。
女性が纏うには紳士的過ぎると思いますが、
「來世成りたいモノの1つは英国紳士です」
な手前にとってはとても憧れる香りになりました。
英国紳士ごっこをするなら、ミニチュアセットの中ではこちらがイチオシです。






話題:香水





ヘッドノート:レモン、ライム、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ
ハートノート:なし
ベースノート:パイン、ムスク、ブラックペッパー
誕生:1902年











処理に困る



お土産はこちら。




先ず口に入れたくないし、この見た目でいちご味らしいし、そもそも「ご当地キャンディ」ってこう云う事じゃあ無いと思うの。


















続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年08月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31