補陀洛山寺



話題:旅行



(画像は駅ですが……)


バスでガタゴト揺られながら、先ずは手前が絶対に譲らなかった補陀洛山寺へ。
もう此処は絶対に譲れません。

「うん、時間がタイトなのは解ってるんだけど、此処は絶対に譲れません。此処だけは絶対に譲れません。何だったら別行動してもイイ。手前は絶対に補陀洛山寺にゆく(断言)」

と、強い意志で挑んでおりますからね(笑)!
ただし

「うん、わかった。いいよ。私だって絶対に平安コスプレは譲らないし。滞在時間はどのくらいでみておけばいい?」

「……手前がご住職と話し込まなければ30分でイケる。話してもマックス1時間でいこう」

と、云うざっくり加減ですが。


そんな訳で徒歩数分でお目当ての補陀洛山寺へ。おぉ、ただいま補陀洛山寺!(※けんこーさんは先祖代々関東の民です)
流石に時間が早かったので、參拝客は手前たちだけ。
お掃除を終えたらしいご住職に挨拶をし
「後で渡海船ゆっくりみていい?」
と、とめこさんに確認しながらお邪魔します。
いらっしゃったご住職は前の方とは別人でした。
「御朱印書きましょうか?」
と云われたので手前だけお願いし、中を見せていただきました。
昔來た時とは配置が変わっていました。神仏集合がよく分かる絵(前いたご住職が色々説明してくださった)も見当たらないような?

手前はくるくる周りながら、補陀落渡海の絵を眺めていたのですが、ご住職からの声掛けはいただけませんでした。
とめこさんが一通り見終わったので、補陀落渡海の絵の前に集合。

「補陀落渡海と云う捨身の修行と云うか風習があってね。
南方の補陀洛浄土を目指して、上人が渡海船に乗って此処から出航したんだよ。
でね、これ鳥居が付いてるでしょ。
中に上人を入れてね、外から釘で閉じるの。
補陀洛浄土を目指す、と云うことだけど、もうね、絶対に死ぬの。
だからほら、念仏をね、事前に唱えてるでしょ?
『途中で怖くなって何とか抜け出した人もいたけど、打ち上げられた先で再び船に乗せられ流された』て云う、井伏鱒二だったかな……その『補陀洛渡海』て小説もあってね。
そう云うね、哀しい歴史があるんだよ」

「へー!何で外の船に鳥居が付いてるのか不思議だったから、あとでけんこーさんに聞こうと思ってたんだけど……へー!」

とお話をしながら船を見にゆこうとしたところ、いつの間にやらご住職が。

「お姉さんたち何処から來たの?関東?前に私、お姉さんとお話ししました?」

「いや、私が以前お邪魔した時はおじいさんでした。細身で穏やかそうで、眼鏡かけてた」

「あぁあの人か。お姉さんたち忙しい?時間に余裕はある?良ければお話し聞かせますよ。
ああ、そちらの二人ともお時間ありますか?
今からお話しするんでよければどうぞ」

と、丁度參拝にいらっしゃった御夫婦?にも声をかけ、座り込み円陣でのお話タイムへ!
やったーーー!!
これけんこーさんイイ仕事したんじゃない?
補陀洛山寺への愛がご住職に通じたんじゃない??馬鹿は馬鹿なりに喋っておくものですね!!


そんな訳で補陀洛山寺と補陀落渡海についてのお話しを、ご住職自ら色々聞かせていただきました!
そして一通りお話しをした後に何故かご住職が大好きらしい仏像のお話しへシフト。
あれ(笑)?
いや、いいんだけど、手前仏像は全くわかりませんぞ?しかし此方の補陀洛山寺にも、とても良い秘仏がいらっしゃるんですって。
で、

「まだ時間ありますか?普段は一般公開していないんだけど、遠くから來てくれたし(※御夫婦もまさかの都民だった)お話しも一生懸命聞いてくれるんで……
もし良かったら今お見せしますよ。
時間が大分経っちゃったんで忙しいならイイんです。それに拝観料500円かかるし。
それでもいいなら」

ま じ で ???

仏像に興味が無いとめこさん「私見たい!」
仏像に興味が無い手前「見たことないものは見てみたい!」
即決。そして御開帳いただきました〜!
前回は勿論拝見出來無かったので嬉しい!
ツアー等で観光教会から事前連絡をもらった場合と、それ以外は年3回だけ御開帳されているそうです。
(どうやらご住職がお話しが楽しく?成るとちょいちょい見せてくださるそうですが(笑))


手前、イイ仕事したんじゃない???
秘仏見られたよ???


拝観させていただいている途中で増えた參拝客さんが何故か無断で写真を撮り始めると云う暴挙に出た為に、急にバタバタ。
時計を見たら1時間経過してして組!も急にバタバタ←

「渡海船、渡海船サッと見よう!あ、すみません、みいさま……みいさまは……」
「みいさまはそっちにあるんで!すみません、撮影禁止なんでー!」
「けんこーさん、時間!時間!!」



あぁぁぁぁ、みいさま……!!!!




又しても、又してもみいさまについて聞けなかった……!
確か前回も話し込んで駆け足帰り際にみいさまの場所だけ確認し、何も聞けずに終わったのですが……。



あれ?けんこーさん馬鹿なの???



小走りで駅に向かったので、お目当てのバスには間に合いました。
お次は大門坂(茶屋)です。





続きます。








うぅ、みいさま……( ;∀;)












続きを読む

那智勝浦温泉 ホテル浦島さん



話題:旅行


画像は有りませぬが2日目の宿泊先は「ホテル浦島」さんでした。
基本的に「ビジホか部屋食」と云う極端な選択しかしてこなかった組!的には凄く新鮮な広さ!
あと新鮮な(大食堂の)バイキング(笑)!!


温泉は幾つかあるのですが、露天風呂もありました。こちらは混浴。
水着浴衣?的なものが貸し出されており、その所為か普通のお風呂はがら空きでした。
2日連続お風呂独り占め!贅沢!
そして大きいホテルなので、お土産コーナーが大充実しておりました。
二人とも此処でお土産を購入した程に。
手前は職場ときんぐさまにお煎餅を。
母にはミニ梅酒の3本セットを購入致しました。地酒もあったのですが、好みが難しいですからね……。



サテ、3日目は那智です。
シヲリによるざっくり行程表ですと、8時くらいにホテルを出て駅へ向かう流れなのですが……

この時間は船がピストン運航していない

と、云う事実に氣付く組!。


バスの時間があるのでそれは困る!と云うことで、すぐさまフロントに電話をしタクシーを手配していただきました。
前日に

「何処いくのー?浦島さん?なら歩いて5分10分。タクシーなら○○円。因みにタクシーでホテルまでいくと○○円」

と、教えてくれたタクシーのおじちゃん有り難う御座います……!!
呼んでも1500円くらいで済むので即手配だよ。
その後就寝。
頑張って6時半に起床。
ご飯も食べて(これも大規模で新鮮なバイキングでした)身支度完了。
7時50分にタクシーのおじちゃんがロビーまでお迎えに來てくださいました。
そしてタクシー代は片道分しか取られませんでした。


( ・◇・)?


とても優しいし荷物は持ってくださるし安いしで、それなのに徒歩圏内しか利用しなくて本当にごめんなさい……( ;∀;)



3日目もとてもヨイお天氣でした。
コインロッカーに荷物とお土産を突っ込んで、いざバスへ!
楽しかった熊野三山巡りもラストスパートです、哀しい。あと暑過ぎて哀しい←






続きます。










うっかりと




風邪を拗らせているけんこーです、今晩和。
咳が止まりませぬ、腹筋が筋肉痛です←


閑話休題(ソレハサテオキ)。


セブンイレブンで発見したこちらがとてもとても美味しいので誰かに伝えたいのです。
伝わらなくても、備忘録として残したい美味しさなのです。
(そんなに美味しいのに備忘録が無いと忘却の彼方へ飛ばす、パー加減が哀しい)


チョコの代わりに林檎が入っているので、そのまま食べてもしょりしょりします。
まとめて購入したのに、もう一袋食べてしまいました……儚い……。
美味し過ぎて公式サイトから通販しようとしたのですが、公式サイトには載っていませんでした。

…………ん???


なんで???( ・∇・)



実は林檎は嫌いなのですが、林檎の匂いは大好きです。林檎味も大好きです。



おいしいよ!!!!( ・∇・)←〆



話題:お菓子













無題






何時もと変わらぬ格好なのに、心なしか風邪っぴきの部屋着感が……。



カーディガン:mercibeaucoup,

ニットワンピ(をたくし上げているのです、コレ):tsumori chisato

ドットイージーパンツ:niko and…

ドット靴下:多分雑貨屋

靴:黒い

ミニショルダー:Q-pot.のムック付録



何だか身長が高く見える謎写り。
実物もせめてこのくらいのバランスが欲しい……と切に願う、ハードルの低いドラえもん体型です。つらたん(本日2度目)。









そろそろカーディガンだと肌寒いですね。
多分パーカーでも肌寒い氣がします。
が、そう成るとその他は真冬のアウターしか持っていない手前ですので、例年何を着ていたのだろうか?









嗚呼、この時間に成って少し体調が良くなって來たものの、明日の仕事が(心身ともに)怠いなぁ、とぼんやり。
氣温差で服装が迷子なのが怠さを助長させているのです。
服装が迷子だと化粧も如何したらいいか迷子に成ってしまうよ……大した化粧はしないけれど!








たべたものたち。




話題:旅行



むらたこさんでHPを回復した後は、新宮駅へ。レンタカーを返す時間です。
が、少しだけ余裕があったので、とめこさんの為に薬局に立ち寄りました。
スーパーにも寄ったけれど、サロンパス的なモノは無かったよ。
無事、駅近で薬局を発見出來たのでサロンパスを購入。
新宮駅の近くには徐福公園や飛鳥神社も御座いますが、流石に其処まで回る時間はありませんでした。
毎回徐福関連は切り捨てられている……。
補陀落浄土にはこんなにも高まるのに……。
否しかし、手前は喪中だし……。



30分程度の待ち時間も耐えられないアリサマでしたので、新宮駅ロータリーにあった喫茶店で又々休憩です。
そんな訳で添付は喫茶店で飲んだクリームソーダとみどりやさんの晩御飯と初日の朝ごはん(駅弁)です。


食べ物に重きを置かないから、食べ物写真が物凄く少ないよ……←



そう云えば、2日間乗り倒したにも関わらず、ガソリン代は780円くらいでした。
……凄くないですか?
最近のエコカー、まじエコカーですね!






車を返してサヨナラ新宮。
電車に揺られて那智へ向かいます。
前回同様「スクールバスに迷い込んだのかな?」と思うほどに、学生さんしかいない電車でした。
見慣れない制服、可愛い←



到着後はコインロッカーの場所を確認し、いざ2日目のお宿へ。
2日目はホテル浦島さん。
格安プランなので部屋風呂無しの本館でしたが、いざ到着したらちゃんとお風呂はありました。
外国人のツアー客が沢山いらっしゃってた!
何故熊野に!
那智は中国の方が多かったのですが、そう云えばみどりやさん(本宮付近)には西洋の方が多かったです。
何故熊野に!?不思議だなー。








続きます。













前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31