忠誠と栄光 SS落書き帳


小説落書きブログ。

category
小説(6)
小説2(0)
小説その他(2)
設定(0)
保存(0)
その他創作(0)
その他(2)
未分類(0)

back number





2018.8.5 [Sun]
上空 1

王国の領土上空

王の配下の翼人が見回り中
空中浮揚の魔法を使って上空にいる魔術師と遭遇した

翼人
「なぜお前がここにいる?」

魔術師
「この辺りの地形を把握しておきたいからだ」

……

翼人
「(やつは今一つ信用できない。それとも、俺の考えすぎか)」

魔術師
「(まずは彼らに信用されないといけないようだ)」

category:小説その他

2018.8.5 [Sun]
陰で動く者の独白

「この地には王が必要だ。民の支持を集める王が…」

……

「あの人物なら、きっと」

category:小説その他

2018.8.1 [Wed]
作者つぶやき

文章にしてみると思うけど、
魔術師も王も少女もキャラが立ってるなー。

元々、全部のキャラをしっかり立てることを意識して
キャラを作っていたんだけど。


この文章はあるところで書いていたものの続き。

リハビリも兼ねて書いています。

category:その他

2018.7.31 [Tue]
敵はどこに

しかし、意外にも少女は起き上がった。

「敵兵……こちらを狙っている」

負傷した様子すらなく、平然としている。

魔術師は驚いた。

確かに先ほどの攻撃を受けて倒れたはずだ。

だが目の前の少女は、顎の辺りで切り揃えたまっすぐな黒髪が
倒れたはずみに乱れた以外は、至って平気な顔をしている。

少女が着ている黒いワンピースの胸の一部分が破れていた。
先ほどの攻撃魔法が当たりはしたが、何らかの方法で防いだようだ。


魔術師の判断は早かった。
少女が生きているなら、人数に加えて作戦を立てるまでだ。

「防御魔法は私が張る。それと、索敵と反撃だな」

「多分向こうから撃ってきた」

撃たれた胸を手で押さえながら、ある方向を少女が目で示す。

枝葉を繁らせた木々がある、身を潜めるのに好都合な場所を――。

category:小説

2018.7.31 [Tue]
戦場の非情

魔術師は倒れた少女よりも、
どこかで自分を狙っているはずの敵にまず意識を向けた。

今の狙撃には、防御なしで受ければ人を殺せるだけの威力が籠っていた。

あの少女は、「戦いは得意ではない」と自分でも言っていた。
先日の戦でも目立つ動きをしていた様子はない。

さして高い戦闘能力も持たない兵士。
それが先ほどの攻撃をまともに受けた。

おそらくもう生きてはいないだろう。


category:小説

[ 前へ ]|[ TOP ][ 次へ ]







[このブログを購読する]


total:85hits!
-エムブロ-