プレゼントを探しに。


話題:デート



今日は
温泉に行く約束だったのに、


昨日からオバさんは
女の子に変身した。


ぁ〜…(´-ω-`)





昨夜の電話でNさんは、



『体、ツラかったら無理しなくていいからね。

朝起きて、調子悪かったら連絡して!』





朝、
ちょっとだけツラかったんだけど、

こんなのNさんに会ったら治るから。



いつも、
助手席で楽させてもらってるので、
今日は私が運転を買って出た。



毎日営業車で走り回って疲れてるだろうし、
私も運転でもした方が生理痛も忘れるからいい。




お隣りの県のショッピングモールに誘った。




これには企みがあって、

Nさんへのクリスマスプレゼントを探してるんだけれど、

結局コレといったものがなくて困っていた。




ウィンドウショッピングをしながら、
Nさんが欲しそうにしてるモノがあれば、
それをプレゼントにしようって…



特に当てもなく、
ブラブラ見てるだけでも楽しい。



『オレも、
服でも見てみようかな。』



メンズのショップを点々として、
ジャケットとダウンベストでNさんは悩み始めた。




私の計画通りだ( ̄∇ ̄)




『あのジャケット、カッコいいし買ったら?
で〜、ベストは私にプレゼントさせて!


ほら、両方ゲットできる(^^)』





結局、
お互いの気に入ったものをプレゼントし合うことになった。





Nさんがススめてくれたのが、
ダウンベスト。


『私、こういうの着たことがないわ(´・_・`)』



『これ、可愛いと思うよ。 着てみて!』




ぁ…    悪くない。








ダウンベストを着て、
ハイテンションで笑いながら温泉巡りをしてる

中年カップルがいたら、



それはきっと

Nさんとぷくぷくです( ̄∇ ̄)



微笑ましい。

ぷくぷくは接客業。

色んなお客様がいて、
ご要望も様々なので、

嬉しいこともあり、
正直、舌打ちしたくなることだってある。



今日も、
お子さんが暴れるわ、
その親と来たら怒鳴り散らすわで…


店内の什器を壊すし、後が大変だったんだけど。



そんな中、

今日は何故か初々しい新婚さん?
とお見受けするカップルが多かった。



何組か対応させて頂いて、

一組 とても印象に残ったお二人がいた。




『いらっしゃいませ!』



『あの〜、
ちょっとお伺いしたいんですけど〜。』



イケメンの可愛い男性と、
これまた可愛い女性。

ニコニコしながらお席に着いた。



対応してる間、

とても楽しそうに
あーでもない、こーでもないと話してる。

ボケたり ツッコんだりして、
コロコロと笑っている。


こちらも楽しくなってきた。




見てて可笑しくなるのをこらえながら、




(ん?
こんなカップル、どこかで見たような…)






ハッと思った。


Nさんと私だ( ̄∇ ̄)





こんなイケメン・イケ女ではないけれど、

お二人のかけ合いや雰囲気が、
私たちとそっくりだ。






(やだ、
私たちって、こんななんだ。笑)






そう思うとますます可笑しくなって、

笑うのをガマンしてたらお腹がツリそうになった。




最後まで本当に微笑ましいお二人で、

何だか幸せのおすそ分けを頂いたようで
ほっこりした。






明日、

この事をNさんに話してあげよう。





お店の人に笑われちゃうといけないから、

今度から気をつけようね! って。

ふたりで見る流れ星

Nさんの仕事終わりに間に合うかなぁ…と、

いつもの河川敷に行ってみた。


彼は残業だったみたいで、

『Nさん、
いつもの所でふたご座流星群を観察してるわね!』


ラインを送って、
車の中でゴロンとなりながら星が流れるのを探してた。
外に出ると寒いから(^^;)




『今夜は10時くらいになりそう。
何時までそこにいる?』



Nさんからの返事。



『私はまだしばらくいるよ。
でもNさん、お疲れだろうから無理しないでね。』



『一緒に星を見たいんだ(^-^)
ちょっと、待っててくれる?』






Nさんは車を横着けして私の助手席に乗り込んできた。



『どう? 見えた?』



『まだ、ふたつしか見てないの(´・_・`)』



フロントガラスの方に乗り出して、
ふたり同じ姿勢で星を探した。




『見えた!』
『見えた!』



ふたり同時に、
同じ流れ星を見られた。




『よかった〜!

オレ、一緒に流れ星見るまでは帰らないつもりだったから(^^)』




『やだ(*´∀`*)
そんなロマンチストだった?笑』





でも、もっと見たいから寒空の下に出てみた。





Nさんが
ブランケットで私を包んでくれたんだけど、

あまりの寒さに歯がガチガチなっちゃって…




それが可笑しくて爆笑してたら、



『星が見えないじゃんか〜(^0^;)』

『だって…ガチガチ… 寒いんだもん…ガチガチ…』





足をバタバタさせながら空を仰いでると、

一番明るい流れ星が見えたので、
今夜はそれでシメることにした。





一緒に流れ星を見たい…なんて、

Nさんステキなこと言うじゃない(∩´∀`∩)




皆さんの街も、

ふたご座流星群見られた?




粘り過ぎて、

風邪ひかないようにね!





甘いふたり

12月は、
Nさんも私も仕事がハードなため、

休日の遠出は控えるようにしてる。



今回も、
ラブホでまったり。




ホテルに行く前に

『Nさん!
あのスーパーの駐車場の北の端に止まって(・∀・)』



『北の端?

何か企んでるな…( ̄∇ ̄)』



スーパーのお隣りの洋菓子店にNさんを連れてった。


『やっぱり、こういうことか。笑』







『カヌレをふたつください。』



先日、羽田空港で買ってきたカヌレを、
Nさんが美味しい♪と喜んでたので寄ってみた。



ズラリとケーキが並んだケースの中を覗いてたら、あれもこれも欲しくなって、


Nさんのリクエストで、
アップルパイを半分こすることにした。




『アップルパイなんて、珍しいね。
疲れると、甘いモノ食べたくなるでしょ(*^^*)』




『ということは、
ぷくぷくさんはいつも疲れてるんだね( ̄∇ ̄)』




『そういうこと!笑』






甘いオヤツを頂いて、


甘々な時間を過ごした。






甘いのは得意だから、


もっともっと甘くてもいいわよ。

5万5千分のいち

娘と一緒に、東京ドームの
嵐のコンサート行ってきました。


初ドームで 初嵐です(^-^)



嵐のメンバーって、
実在するのね。笑


もはや、
ただのコンサートではなくて
エンターテイメントだもんね。

圧倒されっぱなしでした。



ここにも、

『5万5千分のいち』の
ファンの方がいらっしゃったら嬉しいわ。




そんなわけで、

1泊だけして帰ってきましたから、

『東京で1泊だけとか、初めてじゃない?』

って娘に驚かれました。




ま、
あんまり休めないからね(^^;)
仕方ない…




Nさんは、


本当に嵐にハマっちゃって、

あちこち飛び回ったりしないかと心配してたけど、


嵐はテレビでもしょっちゅう見られるから大丈夫よ。




嵐はカッコいいけど、


貴方が一番だから(*^^*)
前の記事へ 次の記事へ