離婚の理由

『24歳年下の男性と結婚!』



貴理ちゃんのニュースが流れた時、
なんだか勇気とか希望とか…
もらえたんだよね。



そういうの、アリなんだ〜って。





ぷくぷくのブログを
長く読んでくださってる方はご存知かと思うけど、


当時私は
21歳年下のけんちゃんとお付き合いしていた。




将来なんてない…って諦める気持ちと、

わかっていても認めたくない気持ちが複雑に絡み合って。



それでも一緒にいたいと思う私、

一緒にいようと言ってくれるけんちゃん、


葛藤しているところに
貴理ちゃん結婚のニュース。


もしかしたら…の可能性を捨てられずにいた。




今日の、
貴理ちゃん離婚のニュース。



その理由は、

彼が自分の子供が欲しいと願ったから。





けんちゃんから、
ずっと一緒にいたいと言われた時、
彼にこんなことを言った。




けんちゃんの優秀なDNAはちゃんと残さなきゃ。
親御さんやおばあちゃんもきっと、
けんちゃんの子供を楽しみに待ってる。

だから、同世代のパートナーを見つけて…






貴理ちゃんが、
彼の願いを受け入れたのは
初めから覚悟があってのことだと思う。


誰もいないところでそのツラさと闘っているのかも知れない。


ツラいのは、彼も同じ。








色んな意見があって、
批判の声もあるけれど、


お二人が前を向いているのであれば、
答えは出ている。





けんちゃんには、感謝しかない。


彼が前を向いているように、
私も前を向いて歩くことが出来ている。




ぁ、

そこは、Nさんのおかげかな(^-^)














母の値段

職業柄、
イベントがあるととても忙しい。


今日までは、
母の日のプレゼントのラッピングなど。


色んな人の ドラマが見られる。



小さなお子さんが、
パパと一緒にお花をお買い上げ。

ラッピングが終わると
自分が持って行くのだと、小さな手を差し出す。




実のお母さんと、お姑さんとに
ふたつお買い上げの方。


楽しそうにプレゼントを選ぶ若いカップル。



恥ずかしそうにラッピングを依頼する、中高生の男の子。


限られたお小遣いから捻出して、
小さなブーケを買ってった。




『いいコだね〜(^-^)』

『金額じゃないのよ。お母さんも喜ぶわ。』




同僚たちとこっそりそんな光景を眺めている。




そうかと思えば、
そんなにケチケチしなくてもいいじゃない!
と、
そういう大人を見て切なくなることもある。




『やっぱ、金額かしら?』



『金額…… よね( ̄∇ ̄)』




ふと、
こんな話を思い出した。



お母さんが入院してる病院に見舞いに行った子供、

そこの駐車場は、
最初の30分は駐車料金が無料。
その後100円200円……と加算されていく。


100円が勿体ないからと、
その子供は、ろくに話もしないで30分以内に病院から飛び出して来たとか。

それ以降、
滅多に見舞いに行くことはない。



残念な話だけれど、
そういう風に育ってきたんだね。

お母さんに100円も出せないって。





Nさんは、
弟さんと一緒にお母さんにプレゼントしたり、
外食や買い物をして過ごしたそうな。




私は、
仕事で実家に帰れなかったので、

お花を宅配で送った。



あ、

ちなみに私、


今年は子供たちから何のプレゼントも連絡もなく、
残念なゼロ円の母です( ̄∇ ̄)笑笑













女王様

Nさんは、いつだって優しい。



『私には勿体ない男性だな。』

つくづくそう思う。




コンビニで飲み物買う時、
『オレ買ってくるから、車で待ってて。』



お出かけや買い物の時、
荷物を持ってくれる。



何かを分けっこして食べる時、
ひとくち目と最後のひとくちは
必ず私に譲ってくれる。



私が寒くないように、

暑くもないように、

車内の空調を気遣ってくれる。



お店の駐車場に止める時、

あまり歩かなくていいようにお店に近い所に
何としても止めようとしてくれる。





『私、別に歩けるよ( ̄∇ ̄)』


『こんなに歩かせて…  って、
ヘソ曲げるといけないと思って(^^;)』






あまりにも 至れり尽くせりだから、
ホテルのお風呂のお湯張りくらいは私がするようになった。


お湯を出すだけなんだけど…笑



以前は
それすらもNさんがやってくれてた。




ベッドの上でひと仕事終えると、
Nさんはまず私に飲み物を持ってきてくれる。


私は、市場のマグロ状態。




ぁ、
本番はマグロじゃないわよ。笑





お昼寝から起きる時も、
私を起こすのはNさんの役目。



時々、
子供みたいな扱い。



私の方が、
ほんのちょっぴりお姉さんなのに…





『Nさん、
あんまり甘やかすと、私 手がつけられなくなるよ〜(´・_・`)』





『ホントだ( ̄∇ ̄)

今度からは
しんどい思いもさせて、少し厳しくしよう。』






そんなこと言って、



また甘やかすんでしょう?




Nさん、
そういう人だもん。

煙草のニオイのシャツはどこへ…?

Nさんは 超・愛煙家。


若い頃からかれこれ30年、
もしくはそれ以上?笑


休みの日などは
かなりの本数吸ってたみたいだ。




そうなると、
さすがに体のことは心配。

今は健康でも、
そのうち何かしらの影響は出るんだろうなぁと

時々心配になる。



私の父はヘビースモーカーだったけれど、
孫が生まれてからピタッとやめた。

恐らく孫たちの喘息を心配して…





私の嫁ぎ先も煙草を吸わない家で、

友達にも吸う人はいなくて、
家の中も車内もクリーンだった。




私の車は禁煙だから、
Nさんには電子煙草でガマンしてもらう。


彼の車の時は、

『ちょっと一服させてね。』
と、
窓を空かして煙草をふかす。



Nさん=煙草のニオイ
だったから、
別にイヤなワケでもなかったけれど、

やはり煙草っけのない所での生活が長かったので、
正直言うとデートから帰ると消臭や洗濯は欠かせなかった。




ある時、
私が喘息持ちだということをポロッと言ったら、



『えっっ?

ぷくぷくさん喘息なの?(;・д・)』



驚くNさん。



後で気付いたんだけど、
それ以来 Nさんは、電子煙草オンリーになった。



今は、
2種類の電子煙草をプカプカやってる。





『Nさん、
フツーの煙草 吸ってもいいよ。』




『いや、これでじゅうぶん。
ちょっとは体のことも考えないとね。
一緒に遊びに行けないもん(^-^)』





体のために
電子煙草もやめればベストなんだけどね。




最近
彼の服や車からは、

煙草のニオイがなくなっちゃった。





ちょっぴり寂しいけれど、

クリーンなのは良いことね。





ぷくぷくのGW・2019

皆さま、
GW満喫されてますか?


年中無休のぷくぷくの会社も
GW10日もあれば、
そのうち 2〜3日は公休があるわけで、

2連休を頂きました。



1日だけ母と、帰省中の妹と3人で出掛けまして。


買い物をしてランチをしたんだけど、
どこも混雑してるし、

ランチも1時間待ち。



母が疲れるんじゃないかと心配したけれど、
美味しいオシャレなモノが食べたいと、

ひたすら待ちました(^^;)



女3人寄れば、
何てことないことも楽しくて…

これに娘が加わったら、もっと楽しかったんだろうな(*^^*)




ぁ、

父は、女の買い物なんて面倒くさいからと
留守番して土いじりでもしてたようです。




私たち姉妹が揃うと、
母の食欲もアップします。


父も、
私たちがいると気兼ねなく晩酌が楽しめるようです。

普段、
母の体調や顔色の変化を見逃さないように
気を張ってるからね。





そんなこんなで、
GWもあと2日ですよ!


遊び抜かりはないですか?




私は、
連休明けに
やっとNさんと休みが合うのでデートが出来ます。




あと2日、

疲れが残らない程度に楽しんでくださいね(^-^)
前の記事へ 次の記事へ