【SSS】会議も踊るシーズンイン

「うーっ、寒い」
「やァー、向島民はこれスから。だらしないスねェー」
「いや、めっちゃ重装備の律に言われる筋合いはねーよ」
「はァ? 野坂お前自分の家がここと比較するとどれだけ過酷な環境か知らねーから言えるンすわ」
「俺にはこーたみたいな自前の肉布団はないからなあ」
「はー!? 野坂さん嫌味ですかー!? はーやだやだこれだからイケメン詐欺は」

 やいやいと、2年生が寒い寒くないと盛り上がっている。確かにもうそろそろ年末だ。師も走るし年賀状がどうした、景気がどうしたなどと年も締めくくりに入るのだ。地元では冬の知らせが2年振りに出たとかナントカで芽依ちゃんからメールが来た。


続きを読む

【SSS】Though I wanna escape

「ふーゆのきーっすはー、ゆきーのよーうなくちーどけー」

 そんな歌を歌いながら、菜月先輩がチョコレートの袋を破っている。今日は火曜日でこれから始まるのは昼放送のオンエア。先輩のいつものパターンで言うと購買でパンを買って持ってきているはずだけど、何故今このタイミングでチョコレートなのか。いや、いいんだけど。
 しかし歌を歌いながらチョコレートを口に含む菜月先輩の可愛さたるや! ああ……いっそ殺せ、殺してくれ。いや、ダメだ。まだ昼放送は回が残っている。今ここで俺が死んでしまうと昼放送はどうなる。一番近いミキサーとして菜月先輩を支える立場にあるのは俺であるべきだ。軽々しく殺せなどと願ってしまった浅はかさだ。


続きを読む

【SSS】創造神と紅瞳竜

「ああ、唯香さん。いてよかったです」
「どーしたの実苑」

 どうやら実苑がアタシに用事らしい。アタシは部のパソコンにこれまで撮った素材を突っ込みながら、それでどうしたんだと話を振る。そもそも部の活動日なんだから、時間は可変にしても大体は来ている。いなかったにしても、来はするんだから別に焦る必要もない。


続きを読む

【SSS】木枯らしと夜なべ禁止令

「ああ、おいしい」
「よかったです」
「さとちゃんのあんかけうどんは絶品だね」
「残ったあんかけは、茶碗蒸しにも合うんですよ」
「じゃあ、夜は茶碗蒸しがいいなあ」
「わかりました。作っていきますから、あっためて食べてくださいね」

 宏樹さんの食事療法のお手伝いを始めて少し。さすがに毎日の献立を組み立てることは出来ないけど、季節に合わせた料理を考えたり、バリエーションを増やしたりすることがとても楽しい。
 何より、宏樹さんがおいしいと言ってくれることが一番嬉しい。献立やそのレシピにしても、作りやすかったとか、これは難しかったと言ってくれるから、次の参考になる。実際にご飯を作る機会も少し。


続きを読む

【SSS】コソアドテレパス

「リーツー」
「あー、自分は何も聞こえナイ」
「リィーツゥー」
「何のコトすかねェー」
「聞こえてンだろ耳から手ェ外せリツ」
「オメーがンな呼び方すッとか悪い予感しかしネーわ」

 週末で実家に帰ってきた冴が自分から搾取しようとしている。双子の片割れは考えていることがわかるとかシンクロするとか聞きヤすけど、自分ら双子に関しては完全にンなこたァねーんスわ。


続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30