ニンニンジャー 語らずの巻(特撮妄想SS)

昼下がりの公園 
親子連れや散歩の人々が行き交うなか、不釣り合いなもの....いや、屋台があった。
昼日中からおでんの屋台。寒い内なら昼間でも売れようが、季節は春の日差しも麗らかなこの時期、人が寄り付く筈もない。

屋台の店主はそんな事などお構い無しに、のんびりと新聞を読んでいた。
しかし   ーそんな店主が嘗てラストニンジャと呼ばれた伊賀崎好天その人だと知るものは誰一人いない。
「ふむ...今日も今日とて、客は来んか。」
趣味で屋台を出しているので、売り上げ等はどうでも良かったが、折角出しているので1人位は物好きがおっても良かろうにのぅ...。そう思っていた時だった。

ゴロゴロゴロゴロ...

遠くから雷の音。

「やれやれ、最近は天気予報の精度も上がったと思っておったが、ゲリラ豪雨までは予想がつかなんだか...」
見れば人々も足早に逃げて行く。

早々に店じまいを始めた時だった。

カッ!!ドーン!!

何処か近くに落ちたようだった。

「おお、くわばらくわばら。ハリーアップじゃな」
 ーそう呟いた時だった。

ふと見上げた先に妙に見覚えのある男が立っていた。初老の紳士といった風情の男は屋台に近づきながら、こう言った。
「やぁやぁ、天下のラストニンジャ殿がここで屋台をしておられるとは」
その声、その顔を見た好天は少し嫌そうな、しかし久しぶりの旧友の来訪に相好を崩した。
「なんじゃお主か...三郎兵衛。現れる時に一々、雷を鳴らすな!」
「会うて早々に文句ですかな?いやはや...相変わらず手厳しい」
袋 三郎兵衛 嘗ては天道無人の下、七人の仲間と共に悪の軍団を倒した強者にして、好天の友人である。
「何しに来たんじゃ?わしは忙しいんじゃ」
「野暮用で近くに寄りましてな。そうすると近くに妙なじいさんがおでんの屋台を出しておると聞き、もしやと思い」
「誰が妙なじいさんじゃ!?大体お主のほうが余程妙なオッサンではないか!この悪人面めが!」
悪人面と言われた三郎兵衛はムッとする。
「悪人面とは酷い言われよう!このダリも真っ青なカイゼル髭は私のチャームポイントですぞ!?」
「それが余計に悪人風じゃと言うんじゃ!...全く、茶々を入れに来ただけなら早々に帰れ」
憎まれ口を叩きながらも好天は畳み掛けた屋台を広げはじめた。

それから小一時間ほど後―

「懐かしいのぅ、大介は達者にしておるか?」
「立派に天道流を継いでくれましたわい。これで御家も安泰、お子もすくすく育っておりますわ」
「そうか、そうか」
酒を酌み交わす二人の姿があった。

「それにしても...好天殿が忍風館の未熟者達に力を貸しておった時は驚きましたぞ」
「あれは、おぼろに頼まれたんじゃ。正体を明かす訳にはいかぬ故に色々姿を変えておったがな」
「声を掛けて貰えば、うちの若いのをお貸ししましたのに」
「あのときは霞一鬼の息子達もおったでな...道を示す意味でも、わしがやるしかなかった」
昔話を弾ませていたが、好天がこう切り出した。
「さて...お主がここに来た本当の理由はなんじゃ?」

続きを読む

メモ帳

龍騎/バットマン組み合わせ
ライア&オラクルvsリドラー
ゾルダvsトウーフェイス
インペラー&ペンギン
タイガ&キャットウーマン
リュウガvsスケアクロウ、キラークロック、クレイフェイス&...
オーディンvsスペクター
番外編として
アビスvsアクアマン
オルタナティブ ゼロvsレッドフード

今後に思い付いてるもの
アマゾン&ブラックパンサー


思い付くのはいくらでもあるけどいつ書けるやら...。
続きを読む

ザ・サード

全ての歴史は修正され、その男...黒井響一郎も本来の時の流れの通りレーサーとしての人生が待っている...はずだった。

しかし

一度生まれた可能性の世界は形を変えて残ってしまった。

つまり

本郷武流(ほんごう たける)
「黒井...後を、頼む!」

一文字鷹人(いちもんじ たかひと)
「お前が...世界を救うんだ!」

志半ばに倒れた2人に託された使命。ライダーを倒すために生まれた黒井の洗脳を解き導いた友を死なせてしまった罪が重くのし掛かる...。

立花惣兵衛(たちばな そうべえ)
「武流様達の意思を継いで下さい。それが貴方の罪の意識を減らしてくれる筈です」

緑川泪(みどりかわ るい)
「あの人を...武流さんを返して!」

風見進(かざみ しん)
「俺は認めない...お前が本郷さん達の名を継ぐなんて絶対に認めない!!」

偉大な戦士の名を継ぐ事に躊躇いを覚える黒井に次々と襲い掛かるヘルショッカーの怪人達!
彼は真の戦士として立ち上がる事が出来るのか?

ゼネラルダーク
「サード...お前がいくら足掻こうが我らの勝利は動かん。お前は選択を誤ったのだ!」

「確かに俺は間違った選択をしたのかもしれん。だが...後悔は無い!」
「俺はサードの名は捨てた!」

「俺の名は...仮面ライダー3号だ!!!」

新たな戦士の歴史が始まる!
続きを読む

迷い龍

「何処だよココ...」
青年― 城戸真司は困り果てていた。さっきまで取材先に向かっていたはずなのだ。
それが今や見覚えの無い路地裏にいた。
「なんだよこれ...とりあえず電話を...!?」
ケータイを取りだそうとポケットに手を入れると、そこに妙な感触があった。
「?」
取り出してみると、それは名刺入れのような物だった。ただ少し大きい上に硬い。
「なんだ?龍のマーク...か?」

ーその瞬間ー

思い出したくも無い記憶が甦った!

「グッ!?...う...あ!?ま、マジ..か!?」

終わったはずの戦い、尽きたはずの命、そして...全てが無に還ったはずだった。
「Vバックル...何でだよ」
「おい、お前」
いきなり声を掛けられて驚く。振り返るとお巡りさんらしき人がいた。
ーらしき、というのはその制服が明らかに日本の警察のものではなかったからだ。
「何してる?こんな時間にこんな場所で」

「え!?あー...と」
ヤバい、と思うが違和感も感じた。
なんで外人さんの警官が?しかもずいぶんと日本語上手いな。
「観光か?こんなところは出歩いちゃ危ないぞ」
「あの〜」
「なんだ?」
「ココどこですか?それと...日本語上手いですね。日系の方...ですか?」
警官の表情に?が浮かんだ。
「何言ってる?俺は日本語なんかしゃべっていないぞ。お前まさか」
「いやいや!違いますよ!?俺は普通ですから!」
「...まあ良い。早くここから移動しろ」
真司は頭を下げるとそそくさと移動することにした。

「まさか...コレのせいか?」
Vバックルを見つめる。便利だ ーと思うがやはり有り難くはない。
その時だ。二度と聞きたくない音が辺りに響く。

キィィン...キィィン...キィィン

「嘘だろ...クソ!」
手近な窓にVバックルをかざすと真司は叫ぶ!

「変身!」


続きを読む

ネオ・バーズ・オブ・プレイ

「ほらほら!あんた達も学習しないね!この街で悪さしたらヒーローが来るの知ってるでしょ?」
黒いコスチュームにボウガンを構えた女が悪漢達に立ち塞がる。
「邪魔すんじゃねェ!」
一応声を荒げてはいるが、明らかに及び腰だ。
「…へー?そんな口叩いて良いのかな?」
「ハントレス!」
ハントレスと呼ばれた女とは反対側から声が響く。
慌ててハントレスはマスクのスイッチを操作し、イヤープラグをOnにする、と同時に。

辺りに高音が響き渡る。
バタバタと倒れる悪漢達。

「私の熱い告白は如何だったかしら?」
そう言いながらもう1人の女が現れる。
「キャナリー…あんたのはキツすぎて大抵の男がK.O.でしょ。」
「クソ!」
全員…ではなかったようだ。1人だけ逃げようとしている。
普段から音楽を聞きながら行動していた奴が幸運?にもブラックキャナリーのキャナリークライの直撃を食らわなかったようだ。

「あ」
「あ、じゃない!追うわよヘレナ!」
「いや…そっちは…」

「なんだお前は!?う…うわぁぁぁぁ!?」


「あ〜あ…バーズ・オブ・プレイは最近、優秀な新人が加入したって言っておけば良かったっけ?ダイナ」
「わざわざ宣伝しなくても今回で一気にひろまるわ、ヘレナ」
そう言うと優秀な新人…白い白鳥のようなコスチュームを纏った女に声をかける。
「グッジョブ、ミホ!」

ミホと呼ばれた戦士の姿が光に包まれ人の姿に戻る。
「このくらいは出来るわ。後は?」
日本人らしい面差しの女性…霧島美穂はボウガンの女…ヘレナ・バーティネリに尋ねる。
「後は警察にお任せ。あたしらはパーティー。」
そう言うとそそくさとボウガンを愛車に仕舞い始める。
「飲み過ぎは無しでね。あなた明日も授業があるでしょ?教職者が酒の匂いさせて学校に行くつもり?」
賑やかな二人の隣で美穂の表情は冴えないままだった。



続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ