ウィッチ オブ ウィッチ...?

ブレイジェル「マジエル様!マジエル様!何処に居られますか!?」
ヒカル「どうされましたか、ブレイジェル様?」
ブレイジェル「おお、サ...いやヒカル、マジエル様を見掛けなかったか?」
ここは天空の魔法神殿。魔法使いの一族が住まう場所だ。
天空勇者ブレイジェルが柄にもなく大声を張り上げているのを見て誰もが何事かと思う。
ヒカル「マジエル様...ですか?本日は大瞑想の日で奥の神殿に居られるハズでは?」
ブレイジェル「それが居らんのだ!全く...あのお方は!」
マジエル...全ての魔法使いの頂点に立つ存在。慈悲深く、慈愛に満ちた魔女。それでいて気さくな人柄は誰からも好かれた。

....たった1つ...イタズラ好きで、こっそり神殿を抜け出す癖がなければ。


マジエル「ハッハッハァ!今頃ブレイジェルの奴、慌てとるじゃろうのぅ。」
マジレンジャー達が乗るスカイホーキーのプロトタイプとも言えるハンドルの着いた魔法のホウキに跨がったマジエルの衣裳と言えば...銀色のスパンデックスに黒いトンガリ帽子と言う出で立ち。

マジエル「アバクラタラリン・クラクラ・マカシン!」そう言うと魔法のホウキは一気に加速して地上へ向かって行った。



アサコ「はーい、みんな気をつけて帰るのよー!」
東町小学校...教師となった小原アサコは母校に赴任していた。
アサコ「...全く、世話の掛かる子ばっかり。でも...」
口に出した言葉とは裏腹にアサコは嬉しそうな笑みを浮かべていた。
アサコ「...ん?」
ふと見上げた空...その視界の端に奇妙な...いや、見覚えのある物が見えた...気がした。
アサコ「え...まさか?そんなはずないよ、ね?」
子供の頃の騒がしくも楽しい思い出が浮かぶ。
アサコ「ベルバラ?」


マジエル(ベルバラ)「オヤオヤ気づいたみたいだね。諭い子だとは思ってたが、目も良かったかねぇ?」
その目に捉えていたアサコは校舎に向かっていた。
ベルバラ「んん?どこいく気だい?」
暫くすると校舎の屋上にアサコが現れた。何やら手を振っている。
ベルバラ「下りてこいってのかい?アタシに会いたいなんて言ってくれるなんて嬉しいじゃないか!」

嬉々としてアサコの元に向かうベルバラ...だったが、何やら様子がおかしい。アサコの眉はつり上がっていたのだ。
ベルバラ「おんやぁ?怒ってるのかい、あの子は?」
アサコ「ベルバラ!!」
明らかに怒っていた。
続きを読む

妄想特撮ネタ

-それは、忘れ去られた存在。人と友達になる為に生まれた存在
レント「ここは...遊園地、か?」
夢の跡地は人に焦がれた人形達が蠢く場所になっていた。
レント「貴方は...機械か?」
???「私は...そうだ」
嘗て人の為に役立つロボット達を導いたのも、またロボットの教師...

???「オイラは色々頑張ったんだ...頑張ったんだよ?....でも、でもそのお返しがこれだったんだ!」
???「オレタチは悪者ロボットだぜ...でもな...人間の方がよっぽど悪者だったんじゃねえか!?」
???「バカだよ、ボクは。すぐ壊れるし。でも人間の方がもっと...」

???「頼む、私の教え子達を助けてやってくれ...ロボコン達を!」

それは、悲しき戦い。

ロボコン「キミだってロボットじゃないか!」
レント「そうだ。だからキミを放っておけない。それにこれはガンツさんの願いでもあるんだ」
ロボコン「ガンツ先生が...でも...走り出したオイラ達は止まれないんだぁぁぁ!!」

ロボパー「ショックの....パーァァァァァァ!!!」ズドガーン!!!
レント「自爆!?」
ロボパー「直ぐに戻れるよぉ?...デモね....痛い....痛いよぉ...ジバクはイタインだよォォォォ!」

ロボワル「オレたちゃ元より嫌われもんだぜぇ?」ロボガキ「でもな、仲間は...ロボットは裏切らねーんだよぉ!」

ガンツ「私の教え方が間違ったのか...点数しか判断基準を持てなかった私が...」

レント「ロボコン...人間を憎むキミが...何故、その写真を持っているんだ?」
ロボコン「!....違う...違う!違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う!!!!!!」

ロボットは夢を見ることが許されないのだろうか?

仮面ライダーキカイ エピソードR 「アコガレ×ニクシミ=ナミダ」

ロボコン「デンデン、ガンガン、ホイデン...ガァァァァァァン!!!」
ロビンちゃん「ヤメテェェェェェ!!!」

黒龍の行方 龍騎/バットマン番外編

「クソッ!なんだコイツ!クロックまでヤられたぞ!」
「勝てる訳ねぇ!」
「逃げよう!カネの分は働いたぞ!」
わらわらと逃げ出すマフィア達...路地には既に倒された者達がいる...。
「何なんだ...何なんだお前は!」
時代錯誤なギャングスタイルのスーツに真っ黒なマスクのブラックマスクは焦りと恐怖から上擦った声を上げた。
「失せろ...命が惜しいならな」
漆黒の龍の鎧を纏った男はそう答えた。

ブラックマスク一味が全て逃げ去った後には黒龍のみが佇んでいた...。
「神崎め...今さら何をさせようと...?」

ガシャン!

背後の窓ガラスが割れた...建物の「内側」から

?
「やっと繋がった」
見ればガラスの向こう側には昼間の空と二人の男。一人は青い服を着た少年。もう一人は紫色の服を着た大柄な男。こちらは夜の路地なのに割れたガラスの向こうに、だ。
「あんたがリュウガだよね?」
「何の用だ」
「ちょっと手伝って欲しいんだ。そうすれば<シンジ>にも会わせてあげるよ」
差し出された手には黒い時計の様なモノ。
「....フ」


こうして黒龍...リュウガはコウモリの街を出ていく。行き先は...
続きを読む

ジャングルの守護者と黒豹

南米  未だ未開の地が残るジャングル

私、ティ・チャラは父の旧き友人が住んでいたこの地にやって来た。
森の守護者の手助けをして欲しいと頼まれたのだ。

「本当に奥地だな」
「オレ二取ッテハ普通。アイツ以外」

守護者である[アマゾン]と合流した私は彼の言う[アイツ]の退治に向かった。
[アイツ]とは獅子の頭を持つ人間...獣人と呼ばれる存在らしい。
かつてアマゾンは獣人達と戦い続け全て滅ぼしたはずだった...。だが生き残り?がいたようだ。

その獣人がテリトリーにしているエリアへと到達すると...妙な光景が広がっていた。
赤い羽根の様なフリンジが着いたコスチュームを着た女達がヒラヒラと動き回っていた。

「なんだ、あれは?」
「ジューシャ。弱イ。ケド多クテ邪魔」
アマゾンによれば獣人の手下で大して強くはないが、数を頼りに襲ってくるという。
だが...
「...フフッ」
「?...ナンデ笑ウ、黒豹?」
「いや、あのヒラヒラ舞っている姿がまるでフラミンゴみたいだと思ってな」
「フラミンゴ...ブフッ!!」
二人して吹き出した。流石に声を出しはしないが、口を押さえて笑う。緊張感が薄れるが、我ながら面白い例えだと思った。
「...ハハハ...黒豹...ハァ...ジューシャヲフラミンゴッテ言ッタノ、オ前ガ初メテダ」
「いやスマン...はは」
一頻り笑うと再びジューシャの方を監視する。暫くするとその内の一人が何やら此方を指差した。
「バレたか!?」
「違ウ...ッ!?避ケロ黒豹!!」
そう言うとアマゾンは私を突き飛ばした!

グガオオオオオゥッ!!!

凄まじい咆哮が頭上から降ってきた!

あと一瞬アマゾンが突き飛ばしてくれたタイミングが遅ければ一溜まりもなかったろう。さっきまで二人がいた場所には


「そいつ」がいた。しかし...それは獣人と呼ぶには少しばかり違和感があった。...獣に似た鎧...の様なモノを着込んでいるようにみえたのだ

続きを読む

ニンニンジャー 語らずの巻(特撮妄想SS)

昼下がりの公園 
親子連れや散歩の人々が行き交うなか、不釣り合いなもの....いや、屋台があった。
昼日中からおでんの屋台。寒い内なら昼間でも売れようが、季節は春の日差しも麗らかなこの時期、人が寄り付く筈もない。

屋台の店主はそんな事などお構い無しに、のんびりと新聞を読んでいた。
しかし   ーそんな店主が嘗てラストニンジャと呼ばれた伊賀崎好天その人だと知るものは誰一人いない。
「ふむ...今日も今日とて、客は来んか。」
趣味で屋台を出しているので、売り上げ等はどうでも良かったが、折角出しているので1人位は物好きがおっても良かろうにのぅ...。そう思っていた時だった。

ゴロゴロゴロゴロ...

遠くから雷の音。

「やれやれ、最近は天気予報の精度も上がったと思っておったが、ゲリラ豪雨までは予想がつかなんだか...」
見れば人々も足早に逃げて行く。

早々に店じまいを始めた時だった。

カッ!!ドーン!!

何処か近くに落ちたようだった。

「おお、くわばらくわばら。ハリーアップじゃな」
 ーそう呟いた時だった。

ふと見上げた先に妙に見覚えのある男が立っていた。初老の紳士といった風情の男は屋台に近づきながら、こう言った。
「やぁやぁ、天下のラストニンジャ殿がここで屋台をしておられるとは」
その声、その顔を見た好天は少し嫌そうな、しかし久しぶりの旧友の来訪に相好を崩した。
「なんじゃお主か...三郎兵衛。現れる時に一々、雷を鳴らすな!」
「会うて早々に文句ですかな?いやはや...相変わらず手厳しい」
袋 三郎兵衛 嘗ては天道無人の下、七人の仲間と共に悪の軍団を倒した強者にして、好天の友人である。
「何しに来たんじゃ?わしは忙しいんじゃ」
「野暮用で近くに寄りましてな。そうすると近くに妙なじいさんがおでんの屋台を出しておると聞き、もしやと思い」
「誰が妙なじいさんじゃ!?大体お主のほうが余程妙なオッサンではないか!この悪人面めが!」
悪人面と言われた三郎兵衛はムッとする。
「悪人面とは酷い言われよう!このダリも真っ青なカイゼル髭は私のチャームポイントですぞ!?」
「それが余計に悪人風じゃと言うんじゃ!...全く、茶々を入れに来ただけなら早々に帰れ」
憎まれ口を叩きながらも好天は畳み掛けた屋台を広げはじめた。

それから小一時間ほど後―

「懐かしいのぅ、大介は達者にしておるか?」
「立派に天道流を継いでくれましたわい。これで御家も安泰、お子もすくすく育っておりますわ」
「そうか、そうか」
酒を酌み交わす二人の姿があった。

「それにしても...好天殿が忍風館の未熟者達に力を貸しておった時は驚きましたぞ」
「あれは、おぼろに頼まれたんじゃ。正体を明かす訳にはいかぬ故に色々姿を変えておったがな」
「声を掛けて貰えば、うちの若いのをお貸ししましたのに」
「あのときは霞一鬼の息子達もおったでな...道を示す意味でも、わしがやるしかなかった」
昔話を弾ませていたが、好天がこう切り出した。
「さて...お主がここに来た本当の理由はなんじゃ?」

続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ