攻めの邦訳?

毎月、アメコミ邦訳がどんどん出て追いかけるのも困難ですが、今後の邦訳に面白い流れが。
今月末に「Ms.マーベル:もうフツーじゃないの」と言う変わったタイトルが出版される。
Ms.マーベル(カマラ・カーン)はティーンエイジャーの少女。偶然からスーパーパワーを授かった彼女は、スーパーヒロインとなって戦う事を決意した。

これだけならフツー。でも彼女は重度のヒーローオタクで日本で言うところの腐女子だったのだ! パワーを授かったヒーローオタク...。確かにフツーじゃない(笑)
あと、彼女のアイデンティティーとして珍しいと言うか、よくこの時期にその設定を盛り込んだなぁ…と思うのが、彼女は「イスラム教徒」であると言う点。コミックの中でも日本ほど宗教感に多様性が無いアメリカで、この設定はチャレンジャーだなぁ…と。さておき。邦訳タイトルが変わってんな〜、と思ってたら…。

「グウェンプール:こっちの世界におじゃましま〜す」
「絶対無敵スクイレルガール:けものがフレンド」
…をい。

ふざけたタイトルが並んでんな!
どっちもティーンエイジャーヒロインだよ!あれか?アメコミ好き以外にも手に取って欲しいのかな?特にスクイレルガールの副題の「けものがフレンド」って狙いすぎだろ!?けものって言っても「スクイレル」だからリスだけじゃないのか?
グウェンプールにしても、三次元の女の子がコミックの中に入っていき、マーベルキャラ達に接触したら不審人物扱いされる(設定やらを知ってる、謂わば神視点になってる為)そんなお話。
スクイレルガールは…なんと言うか。シリアスなストーリーマンガのキャラはどれだけ頑張ってもギャグマンガのキャラとは勝負にならないですよね?スクイレルガールって、そういうキャラです。どれだけシリアス系の悪役が強かろうと、ギャグキャラ寄りの彼女には勝てないと言う…(笑)

で、更にこの三冊を買うとキャンペーンでもう一冊。
「ギャラクタ:パパは宇宙魔神」と言うのが応募者全員プレゼントされるらしい。
来たよギャラクタ。黒髪ロングのメガネっ娘。その正体は星を喰らう旧き宇宙魔神「ギャラクタス」の娘だった!
パパみたいに惑星は食べたくないから家出?して地球に住んでるけど、どうしても腹ペコになっちゃう。そこで地球に攻めてくる宇宙人を食べてやり過ごしていたのだが...。

うーん、アメコミ美少女ブランドでも立ち上げるんかい?既にスパイダーグウェンも出てるし...。
続きを読む

ホームカミング

スパイダーマン ホームカミング観てきた〜。

良いね〜、青春映画してます。もちろんヒーロー映画でもあるんだけど、主人公のピーターの若さ、未熟さが目立ってミスしたり、功名心が先走って事態が悪化したり...。

でも今回のピーターはそれで良いんです。そこから学んで、やっとヒーローのスタートラインに立つ...それが今回のスパイダーマンのストーリーだと思います。

でもまぁ...今回のピーター、良い意味でバカだよねぇ(笑)
スパイダーマンと言うと華麗な蜘蛛糸でのスウィングでビルの谷間を抜けていくってのが定番ぽいんだけど、地面走ったり着地失敗してプールに落ちたり...。それでも軽口叩いて呆れられる。ガキ丸出し。

見てて楽しいのはシリーズ1なのは間違いないけどね。
続きを読む

ローガン

ローガン観てきた。観てきたのは先週末ですが、なんと言うか…スゴい。

本当にアメコミ映画ではなく、一人の男の最後の生きざまを描いた作品です。

よくネタバレになるから内容は書けないって言うんですが、今回は本当に書けない。

書いたら面白くないのは当然として、文章で読むより映画を実際に見た方が絶対良いんです!
それだけ今回のローガンは面白いし、感動できます。

R15指定ですが、見る価値あり!
続きを読む

これは珍しい

地上波でアメコミの紹介番組が放送されるとか。

5/5 NHK総合で
「アメコミ・ヒーローの世界〜ローラ&渡辺直美 マーベル・キャラクターへの道〜」22;50より

ロサンゼルス、ニューヨーク、香港を巡りマーベルの世界を体験するという内容です。
マーベル名誉会長のスタン・リーとローラとの対談や渡辺直美が香港ディズニーランドでアイアンマンと出会うといった番組。

連休中だから多少、夜更かしでも良いから見るか!

大須

今日は大須観音...と言うか大須商店街に。
3ヶ日は終わったとはいえ、人出は多かった。露店もいっぱい!

まんだらけやボークスに行ったけど目ぼしい物は無し。う〜ん...しゃーないか。

いつもは行かない古本屋に足を運んでみたら...これは!!
アメコミの原書やTPB(トレードペーパーバック<日本での1巻、2巻みたいなもの>)
何にしようかな〜。日本語に邦訳された物の原書も有るし、かなり古いのもあるな〜。

お、これにしましょ。

購入したのが画像のです。JLA/WILD C.A.T.S 調べたら1997年の作品ですね。
出版社の垣根を越えたクロスオーバー作品は楽しいわ、やっぱり(^_^)b
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ