次期ライダー

おおおおううう....orz

次期ライダー「仮面ライダージオウ」の画像が出てきました...。

ナァァァゼなんだァァァァぁ!!!!!

これ迄もネタバレ見てきましたよ、ええ。ゴーストも、エグゼイドも、ビルドも!

しかし、しかし!!!

これはどうなんだ?
アリなのか?

モチーフは時計。顔の左側にはリューズがある。アンテナは時計の針なので左右非対称。

ここまでは良い。が

何故顔に文字書いた!?一見すれば割とスマートな顔に見えるのに...違和感有り。
当然だ。両目に「ラ」「ダ」の文字。眉間に「イ」リューズに向かって伸ばし棒「ライダー」って顔に書いてあるぅぅぅ!!!
額にも小さな文字で「カメン」....分かったよ、お前は間違いなく仮面ライダーだよ!!

さらに2号ライダーらしき画像も...ってお前もかァァァァ!!!!
目の部分に「らいだー」....ひ、平仮名...。

さらに、さらに!ジオウのレジェンドライダーフォームは目に「ビルド」「エグゼイド」肩にはフルボトル、ガシャットが。
2号ライダーは目に「ごーすと」「どらいぶ」肩にはアイコン、タイヤ...。

ダメだ...ライダーって何だっけ?概念がブッ飛びまくってる。
ここまで行けばむしろ清々しいやね。アイテムは時計だろうな。ヨッシャこーい!!!

今年の特典

今年の仮面ライダービルドとルパンレンジャーVSパトレンジャーの前売券、特典着き購入。
相変わらず、朝6時ちょっと前に映画館に着いたのに既に6人程、待機列が…。

今回は「検察側の罪人」と言う映画の前売券の発売も重なってたので、実際はもうちょいビルド&ルパパト待ちの人は少ない…けど、油断は禁物です。
幸い、整理券が出たんで安心感はありましたな。

肝心な特典はビルドがフルボトル2本、ルパパトはミニVSビークル2個セット。迷うことなくフルボトル選択です。

…単なるカラーバリエーションなんでボイスも変わらないんですけどね…コレクションアイテムですから。

ビルド&ルパパト

ビルド

最終フォームのジーニアスフォームも登場して、パワーインフレも一段落。
ジーニアスは情報書き換え能力でもあるのか、ネビュラガスの過剰注入された人物も元に戻してしまえる。...さすが最終フォームってかね〜。万能っぷりを発揮しております。

ただエボルトには要らん力を与えた感じ。感情を得てむしろ厄介になった気がするんだが...。

あと、最近げんとくんがおかしくないかい?クソダサ私服で弾けちゃってる...。Tシャツもしょうもないセリフが書かれてダサさ倍増、おまけに今回の前ナレのとこで切符が買えない、偏食で食べれない物がある等、ボンボンな発言オンパレードでダメっぷりを自己申告してるし...ダークヒーローな玄徳はどこ行った!?(笑)

葛城忍、生きてた!...けどエボルトの配下...いや共犯か!?何やってんのさ!

来週...ビルドが二人!?
続きを読む

出てた!

以前紹介した覚えがあるよ〜な...。

アメコミ化されたレッドマン その邦訳版が出てた! ...まだ買ってはいないんだが(笑)
「レッドマン 怪獣ハンター編」
フェーズシックス社より税込2700円

怪獣ハンター編ですと!?と言う事は続きもあるってことか?

取り敢えず、あらすじを読んでみると...

荒れ果てた星に住まう異形の存在「怪獣」そこに現れたのは赤い戦士「レッドマン」圧倒的な力で怪獣達を倒していくレッドマン。だがその強さは、むしろ怪獣に近いものだった。レッドファイトを繰り返し赤く染まるレッドマン...それを監視する存在が...!

...まぁ何時もの如く怪獣達をタコ殴りにしてるんですね。しかし、そんなレッドマンをを監視する存在?
何者?レッドマン自身の存在の意味も明かされるんでしょうか?

うーん...気になる。作者はアメコミ版ゴジラシリーズを手掛けていた方で「カイジュウ・キング」とも呼ばれているそうなので、ちゃんと原作を尊重した上でコミカライズしているそうです。
ちょいとお値段高めだけど、邦訳版ならまぁまぁ普通かな。探そう!

あった…あったよぉ!!

エボルトリガーあったぁぁぁ!!

…やれやれ…発売日に買わなかったせいで、散々探し回って漸く発見。

この手のアイテムは発売しても、暫くは残ってるモノと思ってたのだが甘かった。

そもそも敵キャラのアイテム、そして登場時期はストーリーも終盤。そりゃ生産数も少な目だわな。
何にせよ手に入って良かった…。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ