不思議なことといえば

不思議なことといえば、以前私が車を運転していたとき、なぜかしら突然、悲しげな感じがしてきたのです。


どこからか悲しげなものが来て、何かキューキューとか苦しげな音とか。聞こえてきて。





なんだろう、と思いました。





信号で止まったとき。


それが何だかわかりました。






長年愛されてきたであろう車の残骸を大量に積載したトラックが右折レーンに来たのです。


それぞれが10万、20万キロ、あるいはそれ以上の距離、長い長い時間を、持ち主と過ごし、そして捨てられてしまった車たちです。



私には、声にならない声として聞こえてきて、ただただぼーっと眺めるしかなかったのでした。



画像はそのとき、ハッとしてスマホ撮りした悲しい車たちです。











ボスさんみーつけた

前の記事、人形はもう手に入れない、の続き。


以前、ヤフオクで私は市松人形を落札したのです。

その人形は、目鼻立ちや髪質、着物など、すべてが完璧な、それはそれはかわいらしく凛々しい人形でした。

今でも、ヤフオクやメルカリで市松人形を検索すると、数百件の人形がヒットしますが、今改めて、それらをすべて眺めても、そのときに私が入手した人形ほどの完璧な顔立ちはありませんでした。

似た感じの人形はありますが、目鼻口眉髪頬などの総合的なバランス、出来から見て、そのときに来た人形ほどのものはありませんでした。



高さは約40センチメートル、京都から来た、着物に鈴があしらわれた、それはそれはかわいい人形でした。




私はその人形、部屋に飾り眺め、でも誰の目にも触れさすことはなく、他人がいるときは棚に隠して覆いをかけたりして、しばらく置いていたものです。




ですが。

人ってわがままなものですね。

人、というか、ボスはわがままでした。

その人形、他人の目に触れさすことができず隠したりするその行為がいやで、何か後ろめたくなって、なんということか、ある日知り合いの骨董やさんに持って行ってしまったのです。



忘れもしません。



ボスの部屋で箱に入れようとしたときに、そのお人形、目が怒っていたのです。



私はそれに気付かないふりをして箱に入れ、大事に骨董やさんに運びました。



もちろん、売ろうという気持ちはまったくありませんでした。
ただ、大事にしてくれる人に引き取ってもらいたかった。



骨董やさんのおかあさんは、「わかりました。でも、さいあく、もらいてがない場合は・・・・いいですよね」とおっしゃいました。


私は無言でうなずいてしまったのです。





今思えば、薄情なわたしに後悔します。



あのときのお人形さんの、完璧に整った顔立ちのお人形さんの、怒った顔が忘れられません。




人形はもう手に入れない。





約1か月前に、先の記事をアップしてから、じつはヤフオクやメルカリで数百の市松人形を眺めていたところ、目が吸い込まれる人形を見つけてしまいました。




その人形が言ったのです。





「ボスさんみーつけた」













購入を踏みとどまれる自信がありません。










人形はもう手に入れない

あなたはヒマでスマホとかを眺めるとき、何をご覧になりますか。

私はグーグルニュースとかアマゾンサイトとか、あとヤフオクサイトとかを見ることが多いんですがね。


さっき、食後、そのヤフオクサイトの商品サーフィンをしていたら、ブライスの人形が出て、それを眺めていてふと思い出したんですがね。

以前、ある人形を手に入れたときのことを。





あれは数年前のこと。


その当時、私はなぜか、市松人形に興味が出て、一体そばに置いておきたいという考えがどうしても出てきて。

その考えはどこからきたのかわからない。
でも、なぜかしら市松人形がほしくなって。

それも、古くからあるイメージの市松人形ではなく、よく雛祭りの雛壇にあるような、比較的現代的な顔立ちの、かわいい感じの市松人形。


古くからある市松人形は、髪が伸びる心霊現象的なことが起きるとかのイメージがあったりして、また、前の持ち主とかの念がこもったりしているとかのイメージがあったりして。

そうしたイメージがある古くからある市松人形ではなく、現代的な顔立ちのかわいらしい顔立ちの市松人形が、なぜかしらどうしてもほしくなった時期があったのです。






つづく。



画像はマスカット。


あなたにデザートです。どうぞ。







すごい食べ物

ここにすごい食べ物がある。



それは「塩うに」。



塩うにとは、日本の三大珍味のうちの一つ。

三大珍味とは、「うに」、「このわた」、「からすみ」のことです。
そして、ここでいう「うに」とは、生うにのことではなく、うちの塩からとも言われる「塩うに」のことです。

福井県で作られる「越前雲丹」が古くからよく知られております。



この塩うに、どう作られるかと申しますと、まずバフンウニを割り、中身を取り出し、不純物を取り除き、さらに海水で洗い、ザルで水分を切って、塩をしいたござに乗せ、転がし、これでかなり水分がなくなります。

さらにこれに絶妙な塩加減で塩を振り、転がし混ぜ、陰干しして出来上がりです。


この画像のパックは70グラム物なのですが、この70グラムを作るために、バフンウニが70個以上使われるらしい。

ウニが70キレ、ということではなく、殻ごとのバフンウニが70個必要になるというのがすごい。


よって、値段も張る。

70グラムで3千数百円になります。

材料と手間を考えれば当然で、安いものです。高いけど。
でも安い。
高いけど安い(どっちなんじゃ(笑))



味がまたすごい。


濃厚、海の慈味がぶわーっと来る。ものすごい。


これをあつあつのごはんに乗せていただいてください。たまりません。口に含んだとたんに、藤岡弘、さんのように目を閉じてフォーーーッという深いため息とともに片手で拝みたくなる。

ツウの方は、わずかな塩うにをつまようじでチビチビなめながら日本酒をいただくらしい。
この気持ち、わかる。



とにかくすごい。


すごい食べ物です。



あなたにも差し上げたい。







ホワイト・ナルマダー・シヴァリンガム

よーし今日はもう一つ記事を書こう。あした午後はワクチン接種で職場休めるし。前夜祭だ。


ということで、題名のホワイトナルマダーシヴァリンガムについてなのですが。


シヴァリンガムについては、数回前の記事に書いたとおりなのですが、この、インドのナルマダー川で年一回採取が許されるシヴァリンガムというものは、非常に不思議な石なのです。


隠微晶質石英でできているとされ、数百万年前に隕石が落下したその成分も含まれるとされ、世界で最も高尚な波動を発すると言われる石で。


破壊と創造の神であるシヴァ神とつながるツールでもある。


私は巨大なシヴァリンガムを二つ持ってるのですが、毎日波動を直に感じておりまして。


目に見えない何かと会話でき、浄化されるというか。


毎日数時間、波動を感じ、考えごとをしております。



これら石にめぐりあい、不思議なこともありまして。




画像はシヴァリンガムでも珍しい乳白色の美しいもの。

私の産まれたときの重さとほぼ同じなのがうれしい。


毎日重さを確かめてます。











前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2021年12月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ