夏はそうめん

夏はそうめん。

と申しても、

夏=そうめん

というわけではなく、夏は季節であるわけで、

夏=季節

なのですが、でも、日本においては季節としては四季があるわけで、結局、

夏<季節

となりそうですが、
概念とすれば、夏は夏、秋は秋、と単独であるわけで、夏と季節を対等に扱うことはできませんが、期間、長さからすれば、夏は確かに1年の1/4程度であるわけで、

期間=1年
季節=1年

ととらえれば

夏<季節

とも表現できなくもないのですが、
でもやっぱり概念からすれば、夏は夏、秋は秋、と独立してあるわけで、ではどう表現すればいいのだろう。


つまり、

夏はそうめん、

ということは、

夏=そうめん

ではなく、
夏にはそうめん、そう、

夏にはそうめんがよく合いますよね、

という意味合いで・・

あっ!!!そうめんがのびてしまう(まだ食べてなかったのか)、そういうことで。



画像は越中となみ野農業組合加盟の、大門素麺、境欣吾様謹製の手延そうめんです。


これがとてもすばらしい。


パッケージ内にはイメージとしては生麺のように丸まった形で、乾燥したきれいに丸まった4つのそうめん玉が入っていて、調理説明には、玉を半分に割り、ゆでる旨記載されておりますが、ボスは麺を断つことは好まずこのままゆでました。

できあがりを箸でつまむと1メートルにもなりますので、いただく際に箸ですくうたび、起立する必要があり、運動にもなる。スクワットそうめん、と申してもいい。

ボスにとっては麺は長ければ長いほどいい。

昔、牛次郎さん原作、ビッグ錠さん作画の「包丁人味平」という料理人の漫画があり、味平カレーとか黒カレーとか、味平ラーメンとか流行りましたが、その中で「一本麺」というのがあり、ラーメンの玉、すべてが1本でできている、というもので私は憧れたものです。


長いそうめん、命も延びる縁起のいいおいしいそうめんでした。



あなたにも。



これが国会カレーだ!!

本邦初(誇大)、これが国会カレーだ。


国会カレーとは何か。


それは前記事のとおりです。(ボスの5月末の記事を直前記事に持ってきましたので御覧ください。)


衆議院内にある店舗「インド料理ガンジス」は営業70年を迎える歴史のある料理店です。

そこで供されるインドカレーは「国会カレー」と呼ばれ、歴代総理大臣をはじめとした国会議員、政府関係者、海外からの要人、大使関係者、といった人々に長年親しまれております。


松阪牛がぜいたくに使われ、ソテードオニオン、カシューナッツ、厳選スパイスなどが深みを醸し出し、上品な味わいのインドカレーとなっております。


そのインドカレーが国会御用達レトルトカレーとなってボスのもとにやってまいりました。

一箱2200円。



これを私ボスはいただきました。


画像のとおりです。


松阪牛は大きめのブロックでホロホロと崩れる柔らかさで5つ入っておりました。



このカレー(もっとも本物はさらにさらにおいしいのでしょうけど)、安倍元首相も召し上がられたのかなぁ・・・



ボスも国会議員になった気分でいただきました。


あなたにも。






(器提供:香蘭社)



とうとう来た!国会カレー

我が国の衆議院内の二つの店舗で提供されるまぼろしのインドカレーがあるという。


それが、国会カレー。


歴代総理大臣をはじめ、多くの国会議員、政府関係者、海外からの要人、大使館関係者などがこのカレーに舌鼓をうち、その胃袋を満足させてきたという国会カレー。


松阪牛がおごられ、計算されたスパイスやソテードオニオン、隠し味にカシューナッツなども用いられている。


そのカレーが2200円のレトルトとなって、今ボスのダイニングにひっそりとリラックスして横になり、ボスをいざなっている。




いただくのが楽しみだ。
























今後の暗殺の防ぎ方

物騒な題名ですが。


ソファーに横になってウィルキンソン飲みながらいろいろ考えてたんですけどね。


まず、サミットなどの開催主催国は、会場が離れ島とか隔離した地区で開催する流れですので、例えば今回のような政治の要人が街頭演説する際等の防御について話しますと。


まずは、高さ2メートルから2メートル50センチメートルくらい(普通車に積める大きさ)の、形としては卵を半分に割って底辺部を切ったような形の透明、軽量で、かつ高度に強靭な防弾材質、さらに可能であれは対レーザー照射防御対策も講じた防護物を、日本のハイテク技術の粋を集めて開発してください。

イメージとしては、こうした形の防弾ガラスならぬ軽量のハイテク防護物を開発してください、ということです。

これが完璧に完成したら、国政選挙のたび大規模に行われる警備・警護にかかる膨大な人件費、税金が大幅に軽減されますから、国はぜひ御検討願います。

この防護物の重さとしては、人一人で簡単に運搬できるくらいの超軽量なものにしてください。

これは、あたかも日傘を掲げるような気軽さでSPが横から持って要人を守れるような取っ手をつけるなどの形状にしてください。

そして、選挙カーの上で演説する場合、常にお釈迦様の光背のようなイメージで要人の後ろに設置してください。

これで要人の後ろ半分180度を常時防護することが可能になり、かなりの人件費を削減することができるようになります。

いくらすばらしいSPでも、長距離からのいきなりの狙撃には対応できませんから、初めからこうした防護物は必要です。


防護物は透明なので圧迫・閉塞感もありません。

さらに、本体に奥行をつければ雨天時に傘を要せず演説が可能になります。


最悪の事態を想定し、さらに防御徹底するなら、この防護物を要人の前面にも設置してください。
前方からの投石や狙撃にも対応できます。

ここで思うに、狙撃の銃弾が弾かれ聴衆等に被害が出ないよう防護物の性質は銃弾吸収形式としてください。本体に多層吸収セロファンを施した適度なクラッシャブル構造にすれば可能でしょう。


防護物の前面への設置の際の要人の発声の遮音については当然ありますが、要人の演説は常にマイク使用なので音声面では問題は出ません、というか従来と変わらないことになります。


以上、これを用いて世界に誇れる日本式ハイテク警護を確立してください。


そして今の時代、できるだけ握手しながらの運動、グータッチの運動はやめましょう。

いきなりナイフやスタンガンを使用されたり妙なスプレー、注射器状器具による細菌液の射出、強硫酸やサリン等をかけられたりするのを防ぐためです。




まずはここまで。




画像はローストビーフ。生ビールとともにあなたに。



よーし、じゃあもう一つ記事を書こう。

前記事のついでにもう一つ記事を書いてみよう。


ここ数日、テレビ見てると何か釈然としない、というかわからないことがあるんですね。


それは、安倍さんが銃撃されたことについて、「民主主義への挑戦だ」とか言われ、東大の教授とかもそうおっしゃっておられたのですがね。

犯人による銃撃が民主主義への挑戦を示していたのか、ということが私の乏しい知識ではわからない。

私が思うに、あれは単なるうらみのはらしじゃないかと思うのですが、それが民主主義への挑戦と表現できるのだろうか。


あと、民主主義といえば、安倍さんの国葬方針の理由にも「民主主義への強い決意を示す」と岸田総理がおっしゃっておられたのですが、国葬の方向じたいは私も当然とは思うのですが、そこに民主主義への強い決意を示す、と表現するそのつながりがわからない。
自由民主党の決意を示す、ならわかる。


どなたか御教示を・・


というわけで、今日はやめます。



画像はボスがたまにいただくヤマモリ社製造のタイカレープリック。この辛さ、チキンの量、スパイス、コブミカンリーフの香り、すばらしい。


よろしければあなたにも。




前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2022年08月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ